若冲再発見!

昨日は入るまでのレポートで失礼致しました相国寺承天閣美術館の「若冲展」ですが、いよいよ今日は第一会場のレポートです。

宮内庁三の丸尚蔵間所有の「動植綵絵」三十幅。どういういきさつでそうなったのかは下調べで知っていた気になっていました。しかしながら、今回、相国寺創建六百年の記念行事と若冲作品の里帰りに遭遇できた幸運を享受できる一般市民の喜びにひたりきりで、そもそも彼をこの作品群制作へ駆り立てた思いはいったい何であったかということには、全くのところ思いが至っていませんでした。

しかし、第一会場で目の当たりにした鹿苑寺(金閣寺)障壁画と若冲、そして動植綵絵を相国寺に寄進するために送った寄進状でその思いを知るにいたり、今回の若冲展の鑑賞は私にとって忘れ得ぬものになりました。

さて、若冲には「奇才」のイメージがついて回っています。

昨年東京国立博物館で観た、プライスコレクション「若冲と江戸絵画展」で世間をあっと言わせた升目画などはその最たるものでしたし、江戸時代の画壇においてもまさにエキセントリックで異質な才能と謳われるのも頷けると思っていたのです。

しかし、彼が書いた寄進状は、一人の画人としての若冲が、自らや亡くなった自分の両親、また早逝した弟の冥福を担保するために描いたということ、また作品が未来永劫寺に残ることを望んでいたということを示していることを知り、彼の二つの側面に改めて気づかされたのです。

まずひとつ目は若冲の絵の原動力は単に絵が好きとかいうレベルではなく、描くことが「信仰」と結びついていたということです。そしてもう一つはまさに「人生は短し、芸術は永し」の精神を知っていたのだということです。

彼の絵にはどんな些細な部分をとっても気を抜き、手を抜いたところを見つけることは私にはできません。

思うに僧侶は本当に書をよくします。朱印帳にさらさらとしたためる墨の文字はその書かれる過程そのものが芸術かと思われるほど破綻がありません。彼らの文字はまさに修業のなせる技。その修業は仏に帰依し、自らをその境地に導くための不断の勤行でもあります。そのことを思うとき、若冲にとっても絵を描くことはまさに修業そのものではなかったかと。だから手を抜くことがなく、気の抜けた部分がないのではないかと考えられるのです。

そして、画家にとって描くという行為は描くのを止めたとき、つまり筆を置いたときに完結し、描かれた絵への執着は多くの場合、跡形もなく消え失せ、所有することの無意味さにつながるゆえに、作品自体がものとしての永遠性を確保することは難しいものです。しかし、すでに所有欲求の消え失せた(失せるであろう)作品群ではありますが、寺に寄進する=大切に保管され未来へと受け継がれる保証を手に入れられると考えたときに打ち込んで描ける安心感を感じ若冲は制作に至ったんじゃないかと思います。人間は必ず死にます。彼もそのことは重々知っていたはずです。たとえ自分はいずれ死んでも作品は生きた証として残るのだということを熟知していたのではないかと私は考えました。

だからひとつとして手を抜かなかったし、微に入り細に入り、克明に描ききったのではないでしょうか。

彼の作品の画面はどれをとっても濃密な印象があります。優れてバランスのとれた、装飾的で、そして何よりドラマティックな「決め」が利いています。その一端が鹿苑寺障壁画にも見て取れました。水墨で描かれた軸物の「鯉図」は鯉の体の濃淡表現によって水面の存在を表現し切っていました。直接水面を描かずに暗示させる手法がいかにもドラマティックで彼らしいです。

また、鶏や鶴の足やブドウの実などのひとつひとつの墨の筆致は修行僧の書そのもの。「定律」です。定律とはいえ判で押したような同じものはひとつもない。でありながらそこには一切の破綻がない。彼の水墨画には深い信仰心を感じざるを得ませんでした。

この鹿苑寺の障壁画。かの動植綵絵とほぼ同時期に描かれたとか。一方では極彩色とも思える燃えさかる色の饗宴。一方では水墨で目にも留まらぬ早さで描かれたであろう襖絵。十年という歳月に集約された彼の信仰と密着した作画にとにかく溜息ばかりです。

そんな思いに満たされながら第一会場を抜けました。

当日のメインイベント第二会場への会場入りは、まだまだ遠い道のりでした。時折第一会場は留まったまま前にも後ろにも全く身動きがとれない状態でえもいわれぬ不安にしばしば陥れられました。よくも集団パニックに至らないものと何度か感心させられました。しかしその都度この際じっくり観てやろうとかえって若冲に集中したもの事実です。(つづく
by my-colorM | 2007-05-28 22:50 | アート