「Dodeca Circle」 そして…

昨年受講した「色彩講師養成講座」。
私たちは第12回に参加しましたので「12期」でした。
12にまつわる言葉を探して「Dodeca(ドデカ)」にたどりつきました。

もともと講座で知り合った仲間として交流を続けようということで勉強会と親睦会を兼ねて
講座のあとも何度も会を開いています。

昨日は氷結さんが発行してくださっている会報誌「Dodeca Circle第3号」が到着しました。
名古屋で開催された勉強会&飲み会の報告と12期のお仲間の近況が綴られていました。
講座が終わって早1年以上が過ぎましたが、変わらぬ親交を続けております。

私は5月にその仲間からmixiにお誘いいただき、そこで「カラー検定」コミュを立ち上げました。
現在のところ205名の参加を得て、色彩検定とカラーコーディネーター試験の受検者と支える指導者をつなぐ試みに細々ではありますが着手しております。

今回の会報誌に紹介がありましたが、さらに参加頂ける方は是非お尋ねくださいませ。

さて、本日もう一つうれしいものが…。

私、ようやくこの夏に色彩会員に登録いたしました。
そのきっかけは12期のマドンナ!がジャーナルに登場するという朗報を聞いたからでした。
そして今日届いた第32号に彼女の記事がばっちり載っていました。

「ス・テ・キ(^o^)/」!!!!

本当に誇らしく、とってもうれしい記事でした。思わず自分のことのようにニンマリしてしまいました。

毎日とてもハードなお仕事をされながら、子育てに、そして好きな旅行も習い事も欠かさない素晴らしいバイタリティーの持ち主。まさに私たちのマドンナです。にこやかな笑顔と説得力のある話しぶりにいつも惹きつけられていました。

さて、今回は13期生の認定講師の顔写真も載っていました。6名合格だったのですね。再々選考のことがリアルに浮上いたしました。そのうち案内がやってくるのでしょうね。

ともかく会報誌「Dodeca Circle」そして「ジャーナル32号」、大切にとっておきたいと思います。