基礎項目をまとめてみたものです(模擬講義ではありません)

              その3「減法混色」

f0008085_17541139.gif



混色には大きく分けて加法混色と減法混色があります。
減法混色は色フィルターのような光を吸収する媒体を重ねたときの混色です。
光が色フィルターを通過するとき、光の一部の波長はフィルターに吸収され、
残った波長のみが通過して出てきます。
そのためフィルターに色がついて見えるのです。
このような色フィルターを重ねると、フィルターの組み合わせによって
吸収される波長が変化するので、さまざまな色をつくることができます。
減法混色の三原色はイエロー(Y)、マゼンタ(M)、シアン(C)が用いられています。
減法混色ではフィルターを重ねるごとに特定の波長範囲の光が吸収されるので、
混色することによって明るさが減少し、最終的には黒になります。
これが減法混色という名の由来です。

色フィルターの他に、カラー写真や網点印刷におけるインキの重なり、
絵の具のような色素の混合も基本的には減法混色といえます。