子どもの絵1-何を描くか決める手前で

前々回の授業では言葉によるイメージトレーニング手法を学習しました。続いて前回は「アイデアスケッチ20×?」に取り組みました。

今回の授業では改めて「ふれあい」をテーマにイメージマッピングをさせました。

一番最初のセルに書き込む言葉があなたを絵を決めるものだと前置きをしておきました。

「人」(または「友達」)と書いた子どもがいました。絵が決まるということの意味は、その次にこのような質問をするからなのです。つまり、「人(友達)が一番気になるんだね。じゃあ、何をしてるところに「ふれあい」をかんじるのかなぁ?」と問うのです。

ここで2つ目の大事なキーワードが出てきます。すなわち、子どもがここで、「おしゃべりしているとき」と答えたり、「(一緒に)遊んでいるとき」と答えるのです。

そこで、「ふれあい」を中心に、絵を展開する時間と場所を決定づけるキーワードへと広げていきます。

たとえば、「おしゃべり」はどこでしているの?の問いには、「学校(教室)で」とか「公園で」などと新たなセルに書き込んでいきます。

私は、画面構成を言葉で設計するという試みをしています。「空」は上方に、「地面」は下方に地平線を設けて書き込みます。そしてs字の二本カーブの中に「川」と書きます。そしてその外側に「草」とか「花」と書いていきます。

そうした設計図を板書して、「こうして言葉を書くだけで絵が見えてきませんか。」と尋ねます。すると、「あぁ、何となく、見える。…見える!!」の声。「実はこれで大まかに場所が決まってくるんですよね。」というと、「そうか、外や。」。「それに、だいたいの時間もわかりませんか?」と問うと、「あ、昼間?」という答え。「どうしてわかるかいえる?」ついで代弁するように、「うん、そうだね、草や花が見えるということは周りが明るいからだよね。夜だと暗いからそこに何があるかはわからないわけです。」

前回、教壇に立たせて、「何が見える?」と尋ねました。視点を与えていくと、どんどん空間が見えてきたわけです。絵の画面構成もよく似ていて、画面に具体的な言葉を書き込むことで、視覚情報のように空間認識が形成されていきます。

さて、「教室で友達とおしゃべりしている絵」を考えたとき、セルは「机」「イス」「黒板」と追加され、さらに「黒板消し」「チョーク」「書かれている文字」などと具体的なイメージワードが加えられていきます。

作文などの文章表現でもそうですが、一つ一つ言葉が増えていく毎に情景が広がっていくことに気づかされます。言葉が加えられる毎に具体的な映像に置き換えられていくイメージでしょうか。そんな体験は小説などを読んでいる人なら容易に理解いただけるのではないでしょうか。

教室でどのような位置関係であるかはさておき、ある程度の情景描写ができたと思います。これが「公園で」となるとどうでしょうか。「公園」には「遊具」具体的にはと問うと、「ブランコ」「シーソー」「滑り台」「砂場」「ジャングルジム」…と言葉が加えられます。また「ベンチ」「花壇」「噴水」…と施設に設置されている設備が次々に増えていくわけです。

もうお気づきのことと思いますが、同じ「友達とおしゃべり(遊ぶでも)する」という二次的なキーワードの組み合わせでも、場を設定すると異なる「絵」が見えてくるのです。

こうやって、「時間」と「場所」が設定され、私たちは具体的に絵を描いていきます。「絵」にはなにかしらストーリー(描かれる背景)があります。そのストーリーを設計するツールが「イメージマッピング」だと言っても過言ではありません。大まかなテーマがある。描くべき中心がある。そしてそのストーリーが展開する場面を何を描くことで作り出すか。そうした手順をスモールステップでクリアしていくこと、それが、今回の授業づくりのねらいなのです。



「絵が苦手」「絵が描けない」という子どもにはいくつもの態様があると私は考えます。どの段階で描けないと言っているのか指導者は読みとっていかなければなりません。