タグ:美術教育研究会 ( 6 ) タグの人気記事

スライドウェアというんだそうです。
MicrosoftのPowerPointやMacのKeynoteのようなスライド形式のプレゼンテーションツールのことを。

スライドウェアを、ソフトに導かれるままに作成したのでは、そのプレゼンは、聞き手にとって、印象に残らない、退屈で最悪な時間泥棒になってしまうといいます。たとえ、機能に加えられている、配付資料としてのノートをつけて発表する手法をとったとしてもです。

私もこれまで、学校や色彩の講座で、その例をいくつも見てきました。さすがに色彩や美術の関連で、この人はプロといえるような方の場合、そんなケースは思い当たりませんが、それでも、何度も、見せる気が本当にあるのか疑わしいスライドによく出くわしました。

定番は、単に話している内容をそのまま羅列しただけのスライド。多いのは、やたら文字ばかりで、プレゼンの最中に、発表者が指示棒やレーザーポインターを使って文字を追うだけで、展開になんらメリハリもない上、後ろの方からはさっぱり文章が読めないという代物です。そんな時には、ご丁寧に配付資料がついてることが多いものですから、なおさらのこと、後で読んだらいいかとばかり、睡魔に負けてしまうことになります。

さらに、これは私が色を専門にしているせいで、特に、特に、気になるのですが、文字色と背景色との不具合からおこる見にくさです。色を使えばいいみたいに、黒背景にあれこれ文字の色を変えるので、ギラギラチカチカ、見にくいったらありゃしない。そうかというと明るい背景に明るい文字色のように、差がないために読みにくいものも。手元の画面で見てようやく確認できても、プロジェクターで大きく映したときにほとんど読み取れません。こういうのは、初心者つまり生徒のプレゼン作品にありがちで、総合の時間に野放図に展開された場合に起こってしまいました。それでも、そのときは、イメージ画像を入れるという指示があったので、退屈にはならず、案外救われたケースがあったものです。

はたまた、もう少しさかのぼりますが、かつてPowerPointが出てきて、いろんな人が発表で使うようになり、学校でも流行りだした頃のことです。やたらアニメーションを凝らしてあって、文字列が、どこからかスライドインしてきたり、意味なく回転してみたり。さらにドキューン、バキューンとか、ファンファーレなんかの効果音のボタンを発表者が何度も押して遊んでみたり。まるでソフトの使い方体験講習会の作品発表会のようで、で、あなたの発表内容は何?と呆れ果てたこともあります。発表している本人は得意満面。当初は笑いを誘ったりしたこともありましたが、最近はとんと見ることはなくなりましたね。真面目な場ではひんしゅくを買うことまちがいなし。子供だましです。

それでも、要るのか要らないのか、そうした機能は、ソフトに効果として標準で付いているんですよね。

「プレゼンテーションZEN」では、スライドウェアを、ソフトによる誘導(たとえば、箇条書きのテンプレートなどですが)を極力回避し、印象的で記憶に残りやすいプレゼンにつなげるツールとして、創造的に活用することを提案しています。また、そのための基本的な考え方が、具体例によって押さえられています。

この本は、発表者が、ビジネスマンであれ、学術発表をする研究者であれ、誰であっても、「デザイン力」が必要であると説いています。

人は視覚によって多くの情報を受け取ります。聴き手が、たった一枚の図で、自ら心を動かしながら、話し手の言いたいことをつかみ取ることができる、そんな一枚の図を工夫せよと教えてくれているのです。

「簡潔」「シンプル」「明快」で、見る者、聴く者の「心を引きつける」プレゼンのためにやるべきこと、今このときに人々を集中させるために配る心遣いに気づかせてくれます。

図工、美術がかつてに比べ大幅に時間数が減っている今、コミュニケーションを支える力として、「すべての人が創造性を身につける必要がある」と訴えている点にも注目して、多くの人に読んでいただきたいと思います。


10月の末に、かくいう私も造形教育全国大会での研究発表が待っています。研究冊子の締め切りを今月末に控えながら、まだまだ着地点を見つけられないまま、無為に過ごす日々ですが…。せっかく出会えたこの本。これまでも、教材として使うため、ひと味違ったスライドづくりを心がけてきたつもりですが、今回は、「より明快に」をコンセプトに、発表ツールについても工夫をしていきたいと考えるようになりました。

今日から3日間、少しでも研究を前に進めなくては!!
お・ひ・さ・し・ぶ・り・で~っす!!


いやぁ、本当に久しぶりの更新になります。


夏休みに入りましたよ。それもあっという間にもう半分まで来てしまいました。


この間、美術部の活動は当初5日間の予定が一日増えて6日、間に夏季研修2日。
その後、自治会の納涼夏祭り要員参加、校区商店街のお祭り休日パトと
ほぼ休み無く来てしまいました。


そして、昨日、今日は、初めてでしたが、「近畿色彩教育研究会」に参加し、
興味のあった「色と光」の講座を受講してきました。

本ブログ。書きたいことは山ほどあったのですが、なかなか更新とまでは行かず、
ズルズル過ごしてしまいました。

かつての意気がどこかへいってしまったようです。

でも、色彩教育研究会の懇親会で、
私のブログを読んで下さった方から声を掛けていただき、ちょっぴり反省。
少しずつでも更新しなければいけないなと感じました。

そんなわけで、今回、夏期研を振り返っておこうと思います。


まずは、京都市中学校の美術科夏季研修講座。

今年最後になるかもということで、金沢からはじまった一泊の研修会なんですが、今回は
一昨年に続き、倉敷へ。

今回は倉敷芸術科学大学で、「陶芸」を学びに行きました。
内容は、①タタラ成形②呉須絵付け③色絵付け④手回しろくろ成形のたっぷり4作品の実習でした。

とにかく、大学の実習室で、先生方もはもちろんですが、現役の学生さんがあれこれと働いて下さり、
たくさんの準備と実習中のお世話をしてくれて、なによりも感謝感謝でした。

実習は本当なら下準備もいっぱいしなくてはなりません。もちろん後片付けもです。
焼き物を授業でやっていれば、その苦労は並大抵なことではありません。

2日間、快適に、制作にだけ集中できたのは、本当に皆さんのおかげです。

その中で、一日目昼からののタタラ(板づくり)では、「厚み」を考慮した型紙作りと、
底の部分を、裏返して、組み立てた側壁に上から貼り付ける技法を学びました。
さらに、接着部の隙間を細いひも粘土で埋める仕上げ方も具体的に理解できました。
作品は、生徒作品がいつも側面が垂直に立つデザインしか出てこないので、
側壁が傾斜する箱のデザインを念頭に置き、型紙を考えてつくってみました。

他の方々のアートな作品と異なり、課題解決が先立ちましたが、
使い途は、お家で晩酌用の「角形酒肴中鉢」という設定。
扇形に仕切り壁をつけてあって、4種盛りができ、中央の台に少しくぼみを持たせ
醤油やマヨネーズ、薬味、たれなどを差しておくところがあります。

1cm厚のタタラです。
側壁は丈夫そうでいいのですが、
扇型の仕切りが2枚分で2cm厚になります。
当初は4枚の仕切りの真ん中も空いていたのですが、
食器として使うには洗いにくい隙間ができるということで、
手裏剣のように十字にふたをして、台にすることにしたのです。

そんなこんなで、どうも、中央の星形十字が分厚すぎてバランスが悪い。
今回、講師をして下さっている、小島先生(陶芸作家)手ずから
「シャープな面がいいでしょう」と面取りの削りを入れてもらいました。

いやはや、他の方の創意工夫ある花器やら器やら…。
中には男雛なんぞもあったりで
本当に「うわぁ~、作家さんみたい~♪」と驚くばかりの中にあって
ちょっぴり気恥ずかしい実用品ではあります。
(焼き上がりが楽しみなような怖いような…)

夕食(懇親会)と宿泊先での二次会、お風呂とお宿の話…略。

…っていうか、今日全部書くのは無理っぽいから、とりあえずここまで。

いきなり「止め」です。(職場では「へたれ止め」っていいます。)


明日は出校勤務ですので。では。
日本教育美術連盟の夏期研究会が大阪天満橋「エルおおさか」で18・19日の2日間開催されました。中学校と校区の小学校に兼務する美術教師としては、両校種の図工・美術に関わっておられる先生方と交流できるまたとないチャンスです。両日とも楽しく、有意義に研修することができました。特に注目したものを書き留めておきたいと思います。

一日目の研究発表で、京都市の小学校の実践『すきな色見~つけた』を大変興味深く聞かせていただきました。これは小学校2年生の取り組みです。

校区に出かけて自分の町のきれいな色・好きな色の「組み合わせ」を見つけてきます。そしてそれがなぜ好きなのか、どうしてきれいと感じるのかをグループで話し合い、発表し合って深めます。最後に色画用紙の紙片を選んで白い台紙に効果的に貼り付けて色面構成し、教室に貼り出すといった活動です。総合の時間と図工の時間を使って取り組んでおられました。

まずはクラスのみんなでお出かけ。1年生のときに生活科の中で町探検で出かけて以来です。今回は商店の看板やポスター、コンビニやお医者さん、喫茶店のふとした出入り口のサインを「色の組み合わせ」という共通の切り口で見つけていきます。なんだか考えただけでもワクワクする活動です。当然、その気になって探せば、多種多様な色との遭遇が待ち構えていそうですよね。

この取り組みでは、子どもたちに「気にいったところは先生に言ってね。」と先生はもっぱらカメラマンに徹しています。事前に「ここは気に入るのでは?」と指導者がもくろんだ事例があっても、子どもたちにはあれこれと言わない。子どもたち自身の発見(=主体性)を大切にし、指導者の意図で誘導しないという点に感心しました。

後日教室で、持ち帰った写真データをプリントアウトしたものをワークシートに貼り、自分の気に入ったところを発問にしたがって記入します。それらを元に、違うものを選んだ者同士、同じものを選んだ者同士それぞれにグループで話し合い、みんなの意見を聞いて感じたことをまた記入して、という活動を通して鑑賞を深めます。

「色が2~4種類ぐらい組み合わされている」「はっきりした色」「似ている色」「ちょっとずつ変わっている」など、指導者とのやりとりで次第に「よさの感じ」が整理されていきます。子どもたちが好む色に、あらかじめ「配色」の視点を与えている点も素晴らしいのですが、そこにすでに「対照」「類似」「グラデーション」「トーン」の感覚が見て取れるというのが素敵です。また、ピンクや水色に「やさしい色」を感じ取った子には「○○ちゃんがやさしいからそう感じたんやね」と情緒的にとらえる子たちもいたとか。低学年の特徴をよく表しているように思います。

こうして鑑賞して終わらせずに、自分なりに表現活動を通してさらに確認していくというのがこの実践のすごいところです。色画用紙の紙片(テープ状、大・中・小の四角、三角、丸など)という制限を加える中で、自分なりに見つけたよい配色を再現していきます。(色画用紙をそのまま渡した別クラスの実践では具体物へと展開してしまい「色」のテーマがぶれてしまったそうです)事例の中には、友達が見つけた「同じ色をセットにして使っている」という気づきに共感して、違う形ながら同じ色を3組ほど組み合わせて表現することを思い立ったという作品例がありました。テープ状の色面が交差し、小さな2つの円が整然と平行に並べてあり、その子の表現意図がはっきりと感じられる作品でした。

これらの作品は教室の掲示板に、先生が授業のねらいをまとめた「すきな色み~つけた」の掲示物と一緒に貼り出され、保護者にも見てもらっているそうです。地域の写真とそこから抽出された色づかい。そこにもコミュニケーションの糸口もありますし、子どもの作品がうまい・へたの評価にさらされることも少ないでしょう。なによりも個々の子どもの姿が作品への取り組みから見て取れるので、「こんな発見をしていましたよ」など指導者の見取りを保護者に伝えやすい実践であることにも言及しておきます。

「いろんな色の組み合わせがあるんだな。」「きれいだな。」「楽しいな。」…低学年のうちからこんな視点で自覚的に積極的に周囲のものを見つめていくことができたら素敵ですね。
北海道の「旭山動物園」とともに、人気を博する美術館。経営悪化で廃館を余儀なくされるなど、低迷する美術館・博物館の問題が深刻な状況にある日本で、入場者数が安定し注目を浴びる美術館が金沢市にあります。

その名は金沢21世紀美術館です。

今回の研修の3つ目の見学地は一度いってみたい美術館として、諸手を挙げて賛成!!の美術館でしたが、その手ごたえはずっしりでした。

Part3 金沢21世紀美術館は行かなきゃ!!でしょう。More
by my-colorM | 2006-08-02 18:45 | アート
ここ数年、美術教育研究会の幹事長をされている先生は私の大学の1年先輩です。長年その職責を担ってこられた先生が病に倒れてからずっと研究会の牽引役を務めています。誠実で穏やかな物腰と柔軟な発想、そして確かな実践とで多くの方々とのつながりを築いて来られました。

夏の実技研修で私たち参加者が楽しんできたもろもろの実習体験の多くは、彼の人脈と美術科の指導主事の粘り強さによるところが大きいと感じています。

今回、金沢に研修に行くに当たってはほぼ1年がかりで準備をしてきました。役員会での提案段階から「おもしろそうだ」「行きたい」「やりたい」との賛成意見をたくさん出して支えたとしても、企画が確かなものでない限り、委員会からは認められません。掛け合ってくださった主事さんの粘り強い交渉とそれを支える企画書とがあって実現しました。

昨年の吹きガラスで訪れたのは作家活動をしている大学の後輩がひらいている工房ですが、程近いところに『養老天命反転地』があり、実習と鑑賞の2班に分けることで多い人数をうまく振り分け、実習を可能にしました。しかし、工房にしてみればひっきりなしの体験補助です。講師を務めていただきましたが、大変な一日だったことでしょう。そこに人と人をつなぐ人間関係があればこそ実現できたものと思います。

今回の金沢で、3つの目玉の一つが「金沢美術工芸大学施設見学」です。これは企画提案当初にはありませんでしたが、今年に入って委員会に提出する企画書に盛り込まれたものです。ここにも幹事長の人脈が生かされました。

それは私個人にとっては懐かしい再会!!でもありました。

Part2 金沢美術工芸大学って、いいなぁ!!More
毎年夏休みに2日間中学校美術研究会と教育委員会がタイアップした形で、実技研修会が行われます。

市内の多くの美術教員が参加し、日頃の学校での取り組みや悩みを交流したりする機会にもなっています。

数年前までは市内の中学校の美術室や総合教育センターの美術室を使っての実技研修がほとんどでしたが、ここ3・4年、1日はバスで少し遠いところまで足を伸ばして普段なかなかできない内容の実習研修が入っています。何年か前は信楽陶芸村での手びねりとろくろ体験、本格的に水墨画を習ったりしたこともありますし、一昨年は、滋賀県の長浜の黒壁スクエアでサンドブラストとバーナーワークによるガラス体験をしてきました。その時々に幹事会で意見を出し合いますが、友人やつながりを駆使して実現を図ってくださる研究会の中心の皆さんのおかげで、私は参加させて頂くだけですが、充実した時間を過ごさせていただいてます。

昨年は地元の精華大学で「ポリマープレートによる版画実習研修」、2日目は岐阜県に出向いて「ガラス工芸制作実習(ふきガラス)」および 養老天命反転地の見学研修でした。新しい素材研究や普段なかなかできない経験ができ、いよいよ期待感のわく研修で参加者が定着してきました。夏の研修で顔見知りの先生ができ、研究会活動でもつながりがさらに深まっているように思います。

そして今年は26・27日と金沢市に出向き、「湯涌創作の森」での実習研修と「金沢美術工芸大学」の見学研修及び「金沢21世紀美術館」の鑑賞研修ということで、大変有意義な研修をさせていただきました。

今回ははじめて宿泊をともなう研修旅行となったわけですが、運動クラブの夏季大会まっただ中にもかかわらず、22名が参加しました。

2日間で見聞きし体験したことを3つのテーマに分けてつづっていこうと思います。

Part1…「藍染め」実習More