タグ:素材の話 ( 4 ) タグの人気記事

木版画の制作のために子どもたちに彫刻刀を持って来させています。

ある生徒の彫刻刀を見て驚きました。

彫刻刀の刃の部分にクリーム色のプラスチック製の安全カバーがついているのです。

さて、木版画や木彫の授業で、いざ彫刻刀で彫る作業が始まるというときは必ず開始数秒まず子どもたちの彫刻刀の握りを観察します。正しい彫刻刀の握り方ができていない生徒がいればすぐに作業を止め、安全指導をするためです。

私の左手の人差し指から小指にかけて、起点終点のわかる直線的な軌道をしめす傷跡が残っています。それは彫刻刀でつくった傷です。三人兄弟の末っ子の私には、お下がりの、種類も本数も揃っていない、おまけによく使う丸刀には刃こぼれができているようなセットが彫刻刀を使う初めての経験であてがわれました。

当時、先生は「ケガをしないように気をつけて」と全体に声をかけてくださいました。ところが私はなかなか彫れませんでしたので、彫刻刀の柄を上からかぶせるように握り、人差し指をのばして刀を支え、押し出すようにして板と格闘していました。節があったのでしょうか、抵抗がきついので、板の向こう端を左手で押さえて、力一杯押し出しました。次の瞬間、上滑りをした彫刻刀がそのまま直進して…。

私は授業で必ず自分のこの失敗談とともに傷跡を見せた後、なぜ危険なのかを握り方による彫刻刀の動きの違いを実演しながら解説します。

彫刻刀の正しい握り方の基本は「鉛筆持ち」。そして持ち手の指を伸ばし、板面に小指から手の平へ続く手の側面を当て、添え手の親指を刃の付け根にあてがい、方向を制御させながら持ち手全体を移動させて彫り進みます。

このことをきちんと押さえてやれば、無用なケガをすることはほとんどありません。

件の安全カバー付きの彫刻刀

確かに至れりつくせりです。転ばぬ先の杖とでもいいましょうか。

しかし、私が親ならこれは子どもに持たせません。

安全カバーによって、これから削ろうとする線がとぎれてしまっています。おまけに連続して長い線を削っていこうとするとクルクルと巻いていく削りかすがカバーに当たり、削りを中断させてしまうのです。

作業中にケガをする危険は避けられても、削る作業で期待できる木や作品との対話がとぎれてしまうのはどうにも困りものです。

このようなセーフティガードがついている彫刻刀は学校推奨品として業者が出している注文票で扱っているようです。メーカー側がねらっているのは安全対策という付加価値でしょうが、ものづくりを後押しするメーカーであるはずなのに、ものとの対話を阻害しかねないこうした配慮というのは言うなれば本末転倒なのでは…。

ひょっとして指導者が信用されていないのでしょうか。

最近ちょっぴり首をひねってしまったできごとでした。
私は今年中学校と2つの小学校を兼務しそれぞれの小学校で主に6年生の図工を教えています。

2つの小学校では別々の題材で授業をしなければなりません。
それぞれの学校はこれまでの取り組みの流れや児童の実態が違うので仕方がありません。

以前紹介した授業と並行して別の小学校では3色LEDライト(今年教材化されたものです)を使って
「光のアート」と題して6時間かけて制作をしてきました。完成したので紹介しようと思います。

光のファンタジー more
4月。実習教材予算の確定が迫られています。

今年度は公費による実習材料費で何と9万円という空前の低予算に
憤懣やるかたなく、ただ指をくわえていても仕方がないので
改めて状況を伝えるべくカタログとにらめっこしてすみずみ調べております。

事務からは今年度はこれでと強く言われましたが、
管理職は前年度までの予算執行や保護者負担増の実態を見て
好意的に耳を傾けてくれています。
少しでもよい方向に進んでいくことを目指したいと思います。

さて、カタログには新製品や今まで目もくれなかった素材が結構ありました。

今回、なんと残念ながら生徒に持たして使うことをあきらめた「三原色カラー」。
それに変わる色彩学習と立体作品の制作を兼ねた注目の素材が
PADICOの超軽量粘土ハーティカラーピグメントです。

白い粘土に水彩絵の具を混ぜ込むよりも濃色で鮮やかな発色が期待できそうです。
パステル調にするには白い粘土を練り込みます。

小さいセットでスーパーカルモシリーズもあります。
どちらも三原色の混色を楽しくわかりやすい混合比で学ぶことができそうです。
純粋に色の教材としても絵の具よりも理解しやすいような気もします。

今のところ短時間の小ぶりな立体作品に使っていけたらと思っています。
ターナーの三原色カラーを採用しているということは先日書いたとおりですが
このたび350ml3色セットの三原色えのぐが新発売となったようです。
新年度の教材カタログと共にチラシが入っていました。
小学校の低学年から三原色の混色あそびによって色相の学習ができるという
コンセプトのようです。

チラシでは紫の発色がいまいちわかりづらいのですが、
魅力の容量なのでまずは小学校から使ってみようかしらんと
食指が動きました。

また取り寄せたら使用感をUPしますね。

さて二つの小学校では当面別の題材でスタートです。
どうも双方の事情が違うようで…。

とりあえず、様子を見てみないとということですね。はぁ。


わが美術部は2年生がゼロで存続が危ぶまれていたのですが
今年は「おえかき実演ビデオ」をつくり部活紹介に例年になく工夫をしたところ
7名の仮入部員(体験入部)が来てくれました。

ここのところマンガイラスト部にシフトしている弱小美術部ですが
新しいメンバーがたくさん来てくれて既存の7名も大喜び。
しかもマンガよりも普通の?絵を描きたいと
言ってくれる新入部員に顧問としてはホッと胸をなで下ろしているところです。

ゴールデンウィーク最終日に美術部の展覧会鑑賞と動物園スケッチ会を開催します。
これで新歓ができるというものです。

ただ、無料で入れる展覧会が「フンデルトヴァッサー展」というのが微妙かな…。

ま、様子をみてコレクションギャラリーに切り替えるなり、別のタダの施設にいくなり
子どもたちの反応を見て変えてもいいんですけどね。

動物園のスケッチ会を南禅寺の水道橋に変えて
岡崎桜回廊十石舟めぐり」というのもありか…?
イベント最終日でもあるのでね。

観光シーズンでもあり、大変なことになっているかも…か?