<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

[つきいちきょうはく]と読んでください。

今年1年、京都国立博物館に通い、博物館運営や展覧会などについてレポートする博物館モニターに(応募して)選ばれました。

そこで、表題の月一京博、「月に一度は京都国立博物館に通う」を今年の個人的目標にしようと決めております。

f0008085_18102792.jpg
懐かしいですね。ロダンの考える人。

f0008085_18105651.jpg
こちら明治古都館。ここで特別展覧会が開催されています。
f0008085_18113710.jpg

新学期のバタバタで、なかなか出にくかった4月。今開催されている特別展覧会は写真の通り「桃山時代の狩野派永徳の後継者たち」。今日出かけて、結果、展示前半会期の最終日にすべりこみセーフでラッキー!といった形です。狩野派といえは豪壮華麗。現存が少ないと言われている桃山時代の金碧大画にいくつも出会えました。今回は永徳の後を引き継いだ絵師たちに焦点を当てた展覧会。豊臣家、徳川家、そして朝廷と三つ巴の構図の中で、したたかに一門の生き残りを賭けた狩野派の戦略が紹介されています。

いろいろありましたが、私としては、初公開の山楽の「槇に白鷺図」と二条城の将軍と大名が謁見する二の丸御殿の大広間三の間の障壁画である若き探幽が描いた「松に孔雀図」がこれぞ狩野派を代表する絵だと感じました。

後半の展示替えが5月1日からなので、5月は美術部の遠足で連れて行く予定です。学校に眼鏡を置いているので、次回こそは視力を矯正して鑑賞します。>_<

f0008085_18183497.jpg

今日は本当にいいお天気。昨年新築オープンして大人気の平成知新館の前に咲くサツキがもうすぐ見頃を迎えます。お出かけにもいいですね。

あと、ミュージアムショップで見つけたのがこれら。
f0008085_19304446.jpg
これを見つけた時は驚きました。監修の「青い日記帳」ってかつてよく訪問させてもらっていたブログでしたから。即買い。
f0008085_19313905.jpg
f0008085_19320989.jpg
f0008085_19342696.jpg
f0008085_19360540.jpg

「花鳥の夢」は本の表紙絵で。友人の仕事です。こちらも即購入してしまいました。

展覧会はフリーパスですが、ショップでついつい買いすぎてしまいます。気をつけないと…。

by my-colorm | 2015-04-26 17:52
f0008085_14473334.jpg
今年春からはじめたのが、赤ペンだけでなく、ご褒美スタンプで生徒の頑張りに応えること。たまたま、ア◯ゾンで、インクカートリッジを購入しようとして、◯◯円以上購入したら、値引きで買えるという状況で、この際何買おうかと文具をあれこれ探していて見つけたのが、「ちびギャラリー木製ごほうびスタンプ」。

魚のアップの絵に「うお、すごい」とか、パンダが泣いてて「感動した」、象で「いいゾゥ」…。どのスタンプもウィットが効いていて、ユーモラス。もらって納得のコメントばかり。吹き出しタイプで自由にちょっとしたコメントも書けるものもセットされているなど、先生スタンプの中でも秀逸な部類に入ること間違いなしです。

グッズに後押しされる形ですが、生徒のノートやプリントへのレスポンス頻度を上げて、双方向のコミュニケーションをとって成果を上げられたらと思っています。

これまた、追加購入で只今5セット目。なかなか味のあるスタンプにコメントするのが楽しみになってます

by my-colorm | 2015-04-19 14:15
昨年秋に、息子が渋谷に越して蔦屋書店が徒歩圏内に。夏に「筆記具考」として紹介いたしました、エントリー向けで安価な万年筆の赤いペリカーノはそこで見つけたものです。以来、赤ペン先生よろしく、ペリカーノと赤インクを採点ペンとして使ってきました。インクボトルのコスパが気に入ったのと、ボールペンに無い滑らかな書き味に惚れ込んで、提出物のコメント書きになくてはならない存在になりました。赤のみならずブラック、ロイヤルブルーのボトルと専用のコンバータ(インクカートリッジに代わるシリンダー)をネットで追加し、インク色分の万年筆を揃え、私の筆記用具の定番になっています。

ペリカーノは中字ということですが、テストの丸つけにちょうどよい太さ。細かいコメントを書くのには向かないので、再び蔦屋書店に赴いた際に、ラミーのアルスターEF(極細字)タイプを見つけ、使い始めました。

ペン軸の色とインク色を揃えて、中字・極細字とついつい6本も買ってしまいましたが、出番があまりないのが、ブラック。使わないとペン先でインクが固まり、書けなくなってしまうのがとても残念なんですよね。

昨年から副担任をしているクラスの学級日誌とか自主勉強のノートに赤ペンでびっしりコメントを書くようになったのですが、筆記具の書き味が気に入っているから続いているのだと思います。また、昨年から授業で導入して、今年さらに充実させようと考えているクロッキーブックにも、どんどんコメントを書いて活用を促したいと目論んでいます。書き味滑らかで程よくフィットする万年筆は、これからも大事な相棒になること間違いなしです。


by my-colorm | 2015-04-19 11:58