<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本教育美術連盟の夏期研究会が大阪天満橋「エルおおさか」で18・19日の2日間開催されました。中学校と校区の小学校に兼務する美術教師としては、両校種の図工・美術に関わっておられる先生方と交流できるまたとないチャンスです。両日とも楽しく、有意義に研修することができました。特に注目したものを書き留めておきたいと思います。

一日目の研究発表で、京都市の小学校の実践『すきな色見~つけた』を大変興味深く聞かせていただきました。これは小学校2年生の取り組みです。

校区に出かけて自分の町のきれいな色・好きな色の「組み合わせ」を見つけてきます。そしてそれがなぜ好きなのか、どうしてきれいと感じるのかをグループで話し合い、発表し合って深めます。最後に色画用紙の紙片を選んで白い台紙に効果的に貼り付けて色面構成し、教室に貼り出すといった活動です。総合の時間と図工の時間を使って取り組んでおられました。

まずはクラスのみんなでお出かけ。1年生のときに生活科の中で町探検で出かけて以来です。今回は商店の看板やポスター、コンビニやお医者さん、喫茶店のふとした出入り口のサインを「色の組み合わせ」という共通の切り口で見つけていきます。なんだか考えただけでもワクワクする活動です。当然、その気になって探せば、多種多様な色との遭遇が待ち構えていそうですよね。

この取り組みでは、子どもたちに「気にいったところは先生に言ってね。」と先生はもっぱらカメラマンに徹しています。事前に「ここは気に入るのでは?」と指導者がもくろんだ事例があっても、子どもたちにはあれこれと言わない。子どもたち自身の発見(=主体性)を大切にし、指導者の意図で誘導しないという点に感心しました。

後日教室で、持ち帰った写真データをプリントアウトしたものをワークシートに貼り、自分の気に入ったところを発問にしたがって記入します。それらを元に、違うものを選んだ者同士、同じものを選んだ者同士それぞれにグループで話し合い、みんなの意見を聞いて感じたことをまた記入して、という活動を通して鑑賞を深めます。

「色が2~4種類ぐらい組み合わされている」「はっきりした色」「似ている色」「ちょっとずつ変わっている」など、指導者とのやりとりで次第に「よさの感じ」が整理されていきます。子どもたちが好む色に、あらかじめ「配色」の視点を与えている点も素晴らしいのですが、そこにすでに「対照」「類似」「グラデーション」「トーン」の感覚が見て取れるというのが素敵です。また、ピンクや水色に「やさしい色」を感じ取った子には「○○ちゃんがやさしいからそう感じたんやね」と情緒的にとらえる子たちもいたとか。低学年の特徴をよく表しているように思います。

こうして鑑賞して終わらせずに、自分なりに表現活動を通してさらに確認していくというのがこの実践のすごいところです。色画用紙の紙片(テープ状、大・中・小の四角、三角、丸など)という制限を加える中で、自分なりに見つけたよい配色を再現していきます。(色画用紙をそのまま渡した別クラスの実践では具体物へと展開してしまい「色」のテーマがぶれてしまったそうです)事例の中には、友達が見つけた「同じ色をセットにして使っている」という気づきに共感して、違う形ながら同じ色を3組ほど組み合わせて表現することを思い立ったという作品例がありました。テープ状の色面が交差し、小さな2つの円が整然と平行に並べてあり、その子の表現意図がはっきりと感じられる作品でした。

これらの作品は教室の掲示板に、先生が授業のねらいをまとめた「すきな色み~つけた」の掲示物と一緒に貼り出され、保護者にも見てもらっているそうです。地域の写真とそこから抽出された色づかい。そこにもコミュニケーションの糸口もありますし、子どもの作品がうまい・へたの評価にさらされることも少ないでしょう。なによりも個々の子どもの姿が作品への取り組みから見て取れるので、「こんな発見をしていましたよ」など指導者の見取りを保護者に伝えやすい実践であることにも言及しておきます。

「いろんな色の組み合わせがあるんだな。」「きれいだな。」「楽しいな。」…低学年のうちからこんな視点で自覚的に積極的に周囲のものを見つめていくことができたら素敵ですね。
東京入りしてから、もう一週間が過ぎてしまいました。早いものです。

こちらに来て、すぐに安曇野へ行きました。避暑のつもりでしたが、何やら蒸し暑くて意外でした。あちらでは「安曇野高橋節郎記念美術館」「安曇野ジャンセン美術館」「安曇野ちひろ美術館」を訪ねました。どの美術館でもなかなか面白い鑑賞ができました。

東京にもどって、Bunkamuraの「だまし絵」展を観てきました。だまし絵の世界は大好きなのですが、今回の展覧会で知ったパトリック・ヒューズは圧巻でした。彼のHPを見つけましたので、是非ともこちらをご覧あれ。(「だまし絵」展は8月26日から兵庫県立美術館ではじまります。まだご覧になっていない方はこちらで。是非本物を観て来てください。)

そして滞在中には映画「アマルフィ 女神の報酬」と「サマー・ウォーズ」の2本を観てきました。行きつけの映画館の近くに文具・画材の世界堂があるので、とても便利で楽しい。文具や画材、本をあれこれ購入しておきました。お出かけしない日は、ほぼ日がな一日基地でDVDを観たり、家事をしたりしながらだらだら過ごしています。

それにしても、地震、嫌な感じでしたね。こちらでは9日に震度4、そして11日早朝にも震度4強、周辺がどうかとTVをつけてみると2つ目の震源は駿河湾でした。実家は藤枝市ですが、皿が5、6枚落ちて割れた程度で済んだとのこと。少しホッと致しました。ですが、東名高速道路の被害は影響が心配されますが、復旧はどうなることやら。24時間体制での突貫工事とか…。お盆休みの時期に休日返上で工事をされているということなのでしょうね。関係者の方々には本当に頭が下がります。というか、お盆の帰省時期だからこそ復旧が急務、崩落していない下りは12日に、崩落のあった上りも13日には開通させたいとしているそうです。かくいう私も14日の深夜バスで帰るわけで、なんとか無事に復旧し開通できることを祈ってます。

ところでこの地震で大量の本の下敷きになり窒息して亡くなられた方がいたそうですね。今回の地震の1人目の犠牲者だと…。お気の毒です。いつでも読めるようにオープンにしておきたいとつい本棚にはたくさん並んでいる私の家。ついつい増えてくるので本棚もあちらこちらにあって、相当な重量になっています。私の家ほどではありませんが、息子の部屋も訪れる度に本が増えていきます。すぐに手が届くようにオープン棚にせり出すように置いているので、強い揺れで本もさることながら、本棚自体が倒れることも予想されます。気をつけなければなりませんね。

さて、東京で過ごせるのもあと丸2日。「ゴーギャン展」を見逃しているので、国立近代美術館へは行こうと思っています。
by my-colorm | 2009-08-12 20:11 | 日記
明日8月4日まで勤務いたしまして、夜行バスで東京入りいたします。
そうアキバ東京基地には5日早朝に到着と相成ります。

なぜ夜行バスなのかということですが、それはこんなシートを見つけたからなんですね。これまでも夜行バスはちょくちょく使っていた(だって安いんですもの、新幹線に比べて…♪)んですが、やはり振動や音、そして長時間の着座に絶えられないっていうんで、やはり新幹線の方がいいかなぁと思うこともあります。

でも、やり残した仕事(これが結構ある!!)をある程度済ませてから向かおうと思うと、新幹線よりもより遅出が可能な夜行バスの方に軍配が上がったわけです。もちろん運賃も少しだけ安くなるわけですが…。

というわけで、今回東京へは、独立座席の「ビジネスcomfort」というシートで参ります。PCは持参いたしませんので、無線LANは要りませんが、せっかくですからパーソナルTVぐらいは利用しようかと思います。カーテンができるので周りに気を遣わずに過ごせるのかなぁ。とりあえずお試しということで使ってみます。といっても、実はこの便、京都駅を経由しない大阪発着便なんですよね。自宅から一時間強、電車を乗り継いで出発地に向かいます。いつもの乗降口じゃないところが、我ながらチャレンジャーかなぁ。このバス会社、さらに「エグゼクティブシート」を展開しています。こちらは京都駅も乗降口としているのですが、なんと9月いっぱい予約が詰まっております。少しでも安く、しかしながら快適に、効率よくというのは誰しもが考えることなんでしょうね。今回のビジネスシートが快適だったなら、さらに条件のいい京都駅発着のエグゼクティブシートを今後の移動手段の一番手候補にして早めに行動していきたいと考えています。

ところで、5日東京入りしますが、いきなり信州への一泊旅行をします。10時過ぎの「あずさ55号」で穂高まで行き、安曇野に参ります。都会生活にうんざり気味という息子のリフレッシュを兼ね、大自然堪能の旅を企画いたしました。目前に雄大で美しい山々が連なる風景が広がれば、息子だけでなく、きっと私も癒されるだろうと思います。一人でゆっくり温泉につかり、の~んびり気分で日頃の憂さを晴らしたいと思います。

東京の滞在は14日深夜まで。復路もまた夜行バス。こちらは2列席のビジネスシートということですが、これはもう帰るだけですから…。(おっと、それならば何もこのクラスのシートでなくてもよかった…?)キャンセル料は7日前までかかりませんので、まっ、追々検討するということでいいでしょ。
というわけで、夏休みをとります。


東京方面の皆様、もしよければお会いいたしましょう。是非是非!!
by my-colorM | 2009-08-03 20:39 | 日記