<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いやぁ、全く。

文化祭が終わってからというもの、文化祭のときもそうでしたけど、本当に余裕がございませんでした。
〆切に間に合わず、土日をフルに使ってようやくお仕事を終えて参りました。

あまりにも疲れすぎて、最寄り駅を通過してしまいました。
引き返す電車は、最終電車でした。危ない、危ない。

テスト作成、採点、作品および提出物のチェック、成績…、そこにPTAの広報の会合、生徒会役員選挙に向けての立候補者のビデオ撮影、「キッズゲルニカ」のまとめ(写真による展示発表の準備です)、小学校の木版画の授業準備、それから提出書類の数々…。来週の三連休は研究会の数人で高知まで大学の美術教育のシンポジウムに参加予定があり、とにかくずっと休養をとる暇はなさそうです。

…と、バタバタと過ごしているうちに予期していた出来事が起こってしまいました。

私、今年も東商カラコ1級環境色彩の受験をパスすることになりました。実はかつて色研の指導者養成講座でお知り合いになったたまねぎさんと、冗談半分に話していたんです。申し込み〆切に間に合いませんでしたってことで受験をパスしたりして…なんてね。

HPに注意していたはずなんですが、ふと気づいて確かめたのが24日〆切当日の11時過ぎ…。ハイ、今年も終了しておりました。冗談のつもりだったのに、本当になってしまいました。

カラコの1級試験、今年も受けられません。ご一緒にというおつもりの皆様、申し訳ございません。私よりもお先にどうぞ…。(T_T)

あぁ、どんくさい。てか、マジ忙しすぎるんですよね!
by my-colorm | 2008-10-27 00:41 | 日記

NCC

先日、AFTの講師研究会(認定更新発表会)に出掛けました。
懐かしい、色彩講師養成講座同期の方々の更新発表を見させていただきました。やはり、さすが認定一発合格の実力者ぞろいだなぁ…と感じ入ったものです。

中でも体験型の発表をされた、きよりんさんの「NCC」は、以前チラッとお聞きしていたのもありましたが、やはり大変興味深いアイテムでした。

「NCC」とは「ノエビア・カラー・コミュニケーション」の略です。きよりんさんがお勤めの化粧品会社で進めている、ロバート・ドアが創始と言われるパーソナルカラー理論を、企業活動として活用したカラーバリエ展開ツール、と紹介すれば少しおわかりいただけるでしょうか。

色の世界では、パーソナルカラーはもう常識かと思いますが、その人に合った顔映りのいい色をファッションやお化粧に取り入れる手法と考えたらいいでしょう。一般に知られているのはフォーシーズン(春・夏・秋・冬タイプ)に分ける方法。中には6タイプに分ける理論というのもあるそうですが、「NCC」はその点とてもシンプルで分かりやすいものです。ナチュラルを基本に、ブルー系のクールドミナントとイエロー系のウォームドミナントを設定し、3つのタイプ分けがされています。3タイプそれぞれに10枚、5段階のグラデーションカードで構成されているNCCシステムに従えば、洋服やメイクのカラー選びも失敗なし!ラクラクOK!というわけです。

きよりんさんはそのカードと、「クール、「ナチュラル」、「ウォーム」にあたるグラデーションスカーフを準備されていて、そのときに着ている洋服にマッチしたスカーフを間違いなく選ぶことができるというNCC活用体験をさせてくださいました。

相変わらずの、魅力的で親しみのある、落ち着いた話しぶりで、安心して聞かせていただきましたが、お話だけでなく、北畠先生監修のNCCの構成がとてもしっかりしていて説得力がありました。

今回は、その人そのものの肌映りはともかく、「身につけている色と合わせる」というのが分かりやすく、どの方もグラデーションカードでだいたいタイプが決められたようです。そして3タイプにグループ分けされたスカーフから好きなカラーを選定するだけで簡単に色あわせができ、どの方もお似合いの組み合わせを実現されていました。

私の場合、パーソナルカラータイプはクールアンダートーンでサマーなのですが、それを知ってから洋服選びは色を基準に割と迷わずに決めることができるようになりました。発表会当日も少しくすんだピンクのアンサンブルでしたが、ぴったりのグラデーションカードはクールドミナントからすぐに見つかりました。グラデーションスカーフはクールのグループから紺のスカーフを選びましたが、全く違和感はありませんでした。

また、スカーフは「ローズ巻き」(まずはスカーフを対角線にバイアスに折りたたんでいき、5~6cm幅のタイ状にして首に巻きます。そして、一つ結びで固めに締めたら、二本のタイを根元からクルクルと巻きとっていきます。先っちょは後から葉っぱとして残す部分。そこまで巻いたら、葉っぱの根元をきっちりつまんだまま、巻いた部分を環っかに、そう、カタツムリのような形でしょうか。そうして葉っぱの根元部分をポチッと輪っかに通し、キュッと締めると、あ~ら、ホント。薔薇一輪の完成です!!…って、なかなか文章では説明しにくいですね。)を教えていただきました。意外に簡単にネックにワンポイント、華やかさが付け加わります。

さて、実際のカラータイプについてですが、これはすっぴんの肌色を肌色スケールにあてて判定していくそうで、その肌色スケールも興味深いものでした。説明によるとNCCをもとに、メイクアップ商品にクール、ナチュラル、ウォームのカラーバリエを設け、判定されたタイプに合わせ、商品選択がスムーズにできるように展開しているとのことです。消費者としては失敗なく色選びができる点で優れたシステムだといえるでしょう。それをさらにファッションに展開できるとすれば利点は大きいところです。

早速、HPを訪ね、グラデーションカードとグラデーションスカーフをチェックしました。きよりんさんが持ってこられた3タイプが並んだカードのセットは非売品のようで、とりあえずクールドミナントのカードを購入することにしました。スカーフは3色セットでしたが、残念ながらタイプ別にはなっていませんでした。仕方ないのでとりあえず青系のセットを選びました。偏った購入を避けさせる企業戦略なのかしらん、まだカラータイプでセットするというコンセプトが全体として確立していないのかなぁなどと思ってしまいました。購入する側からすれば、タイプ別に3枚セットになっていた方が絶対お買い得ですもの。とりあえずタイプの違うスカーフは合う服がないでしょうから使わずじまいになることでしょう。これはもったいない。こればかりはどうにかならないものなのでしょうか。

そして本日、注文した品が到着しました。たまたま期間中でミニサンプルやミニブランケットもついてきました。こういうプレゼントがまた、「プチ喜び」だったりして。

それにしても、タイプ別のカラーバリエ、助かります。色目で選択できるパレット…、う~ん、購買欲をそそられます。
by my-colorM | 2008-10-19 01:34 | 色の話
朝のNHKニュース「おはよう日本」で『まちかど情報室』というのをやってます。
HPをネットのスタートアップに入れているので、オンエアでは観ていなくても、結構ここから情報をもらっていたりして…。

10月3日放送の『パソコン 便利に使えます』も、放送はみていなかったのですが、ネットでチェックしたのです。ここではパソコン専用の折りたたみテーブルが紹介されていて、早速URLからサイトを訪ね、即購入と相成りました。いわゆる衝動買いですね。

土曜日の朝到着したのですが、これがなかなか。お陰で三連休は、テスト問題づくりやら、資料集めやら、DVD視聴やら、ネットサーフィンやら、ブログ更新やらで、日がな一日、いや三日、ノートPCにへばりつくハメになりました。

この折りたたみテーブル、とにかく多機能なんであります。

まず、足が2段階に折りたためまして、というか伸ばせまして、我が家の脚なしソファーに座ってもよい高さですし、縮めてソファに乗っけても、まるでおこたに入りながらPCに向かっているかのごとくですし、なんともパーソナルな使い心地です。

ストッパー付きのPC台は何段階にも角度を変えることができまして、どんな体勢で向かっても画面をきっちりとよい角度に保つことができます。なので、それこそ寝そべってもキーボードを打てるのがスゴイ。

しかし、これはあくまでも、使っている者からしたら便利なのですが、これ、家人からするとおかしな恰好に映るようです。何よりもおかしいのが、ベッドに置いて、クッションを背もたれ(場合によっては枕)にして、PCを大きく傾け、半身をテーブル下に潜らせて、ま、つまり寝そべりながらPCに向かうって恰好ですね。たしかに傍目には本当にスゴイ恰好になっているものと思われます。PCの角度が尋常じゃありませんもの。よくもまあ、顔面にずり落ちてこないものだと…。

このテーブル、USBハブやらLEDライトやら、こちらも傾斜がつけられるマウスパッドの下にはちょっとした収納までついています。私はマウスを使いませんので、外付けHDDや飲み物を置く台に使っていますけど。

で、そこまでして仕事が進んだか…ということなんですが、結局眠気に負けて効率ダウン。すぐ寝ちゃうんですよね…。結果遅々と進まないということに。

そう、結局学校でお仕事してきました。明日(実質本日)実施の2学年の試験、印刷して帰る時間には電車はなく、タクシーで帰って参った次第です。件のテーブルで使っていた持ち運び機は今晩は学校に置いてきましたので、この記事は、机に常設のノートPCで書いております。


おっと、もうこんなに遅くなっちゃいました。明日があるので、もう寝なくっちゃ。いきなりですがこれで衝動買いで購入したPC用テーブルの使い心地報告を終わります。お休みなさい。
by my-colorM | 2008-10-15 03:13 | 日記
撮りためました。学校祭体育の部、文化の部。

この春に購入したハイビジョンハンディカムSONYのSR12。テープ残量を気にすることなくHDD(ハードディスク)にどんどん記録していきます。今までならテープのままで保存していたこうした行事の記録ですが、今年は必要な映像をDVD-Rに落とし、それぞれの学年で、早速次の週の学活などで放映し振り返ることができました。

そこで大活躍したのが、DVDライターです。この春SR12と一緒に購入しました。

DVDライターにアナログ接続、DVD-Rを挿入しフォーマットさせて、ハンディカム本体を再生しながら、DVDライターの録画・一時停止・■のボタン操作をし、後はファイナライズしてやれば、DVD再生機で再生が可能になります。

まずは依頼者にあらかじめ欲しい映像を訊ね、それらを並べる順番を決めておきます。本体側でその順番通りにサムネイルをタッチすれば必要な映像の再生が始まりますから、DVDライター側で上記のボタン操作を繰り返し、要らない部分をカットしていくのです。リハーサルをしておくとボタン操作がスムーズです。このカット編集はテープ機と違い、巻き戻しが必要ない分、再生時間とほぼ同じ時間で作業が進むのが何よりもありがたいことです。撮り逃がしさえしなければ、とっておきの感動場面を思い出ビデオとして残せるというわけです。

カット編集したDVD素材は後からじっくり、PCで編集することもできます。SR12、DVDライターとともにそろえたVideo studio12なら、DVDから映像を取り入れることができます。後からタイトルをつけたり、映像の間にエフェクトをかけたり、BGMを添えたりと本格的な編集も可能なのです。実際、子どもたちに上級生の素晴らしい歌声や演技も入れたダイジェストを見せるにあたり、演目をタイトルで入れ、場面の切り替わりに簡単なエフェクトを添えました。それだけでしたが、カット編集だけではにわかに伝えられない情報を加味することができます。

ところでビデオ編集というと、素材をPCに取り込んで、素材の使う部分を細かく切り出し、並べ、エフェクト、タイトル、BGM…といろいろやるので相当時間がかかるものです。ところが、今回の学校祭ビデオづくりの経験で、素材を、DVDライターを使ってカット編集で絞り込み、一旦DVD‐Rに落とす粗編集の段階を踏むだけで、相当時間短縮ができることが分かりました。実際にやってみて、それが何よりも収穫でした。PC上でカットする作業はPCに膨大なムダ映像を取り込むことでもあり、負担は大きくなります。編集ソフトならではですが、コマ単位で細かい切り出しができるだけに、こだわりを生み、余計に時間をかけてしまいます。いろいろ手を入れれば入れるほどレンダリングに時間がかかるものです。レンダリングとはPC上でデータとして与えられた情報を計算によって画像化する作業のことです。何年も前のバージョンではDVテープに書き戻すまでに何時間も待たなければならないだけでなく、もう終るかという頃になってエラーが出て、やり直し!?なんてこともありました。

しかし最新の編集ソフトのレンダリング時間の短縮効果は画期的です。20分ほどのDVDを書き出すのに、実映像の時間と遜色のない時間で完了したのが驚きでした。簡単な編集ならほとんどストレスを感じることなく進めることができそうです。

ただ、まだまだPCの側も、DVDライターにしても、ハイビジョン仕様のよさを生かす環境にはなっていません。せいぜい標準モードでの撮影、ハイクオリティでのDVD化止まり。最新のDVDライターやブルーレイドライブ搭載のPCを購入すれば別なんですけど…。

少なくとも学校設備の中では今のこの作業そのものが到底実現不可能な状況です。何しろテープのハンディカム自体が不安定。どうやら故障しているらしいのですが、修理も再購入のめども立っておりません。私のカメラは、HDDに録画するので、いくらなんでもほかの方にお貸しするわけにはいきません。とりあえず、私が仕事として記録を担当する限りは、今の方法で何とかなっていくんだろうとは思います。

DVDライターでは、映像だけでなく、DVDに写真を取り込んだり、音楽を取り込んだりして、BGM付きスライドショーをつくることもできます。行事ではいろんな先生がデジカメでとっておきの一枚をとあれこれ撮影しています。それらをまとめて入れておけば生き生きとした子どもたちの姿を残すことができそうです。

単なる記録。されどきっちり残してあれば、価値が出てくる貴重な記録でもあります。本来ならば私物で賄うのではなく、学校予算でも入れておいていただきたい機材やソフトではないかと思います。ただ、年々最新機種やバージョンが出てくるので買い時が難しいのはわかりますが…。
by my-colorm | 2008-10-12 19:24 | 日記
先週の月曜日に、グギっと、やってしまった左足首の捻挫ですが、直後のアイシングのお陰で、どうやら、だいぶ癒えてきました。まだ曲げ伸ばしには痛みがありますが、歩き方は自然な感じに戻ってきたように思います。

忙しかった文化祭も終わり、SR12で撮りためた映像をDVDライターで焼く作業を残しつつもホッと一息…。

なんていってられません。来週には2学年の定期テストを実施しなければならず、バタバタとそれに向け準備をしています。またまた深夜帰宅の連続です。

もうじき、東商カラーコーディネーター試験の締め切りも迫ってくるんでしょうね。
「環境色彩」。受験どうしましょうかね。

1月のカラコ2級指導者講習もすでに申込みが始まっていますし…。

なんだか、ゆっくり考えている暇もありません。
by my-colorM | 2008-10-08 00:08 | 日記
AFT講師認定の更新発表会、行きます。観させていただきます。

前回4月の発表会では、息子の急病で3つの発表しかお聞きできませんでしたが、今回はしっかり見せていただこうと思いまして。

同期一発合格のお二方とも再会できるわけでして、楽しみでございます。

ちょっと間際過ぎて、ランチや夕刻の予定が立てられるか分かりませんが、とにかく私は行きます。他の皆さんはいかがでしょうか?