<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宅配レンタルの会員になってから、映画館で観る機会も含め、よく映画を観るようになりました。

「映画鑑賞」が今や主な趣味の一つに加えられるほどです。

そこで、勝手ながら『映画DVD見聞録』のカテゴリをつくり、「おすすめ度評価」を始めることにしました。
もちろん私ごときがする評価です。参考にもならないかもしれませんが、備忘録のひとつです。

もしご意見・ご感想があれば交流したいと思います。



さて、というわけで初回の今日は、

「アイ・アム・レジェンド」 評価★★★★☆【劇場】 

ウィル・スミス主演。謎の新薬によるウィルス感染が全世界に蔓延。隔離政策も空しく絶滅の危機にさらされた大都市に残された人々の痕跡…。昼間は人っ子一人いないニューヨークの街並みを野生動物が巣くっている。日没を過ぎるとどこからともなく凶暴な輩が腹を満たしにのさばる無法地帯となる街の一角で、ワクチン生成をもくろみ一人闘う科学者ロバート・ネビル。全世界でたった一人生き残った男として、人類を絶滅させた原因を取り除き、再生の道を探る苦悩の日々を追う。締め付けるような孤独感が漂い、いつとはなしに襲いくる恐怖心が全編を満たした作品だ。



ウィル・スミスの魅力がよく出ている作品で、「かっこいい」俳優だなぁと感じました。その後、宅配で「アイ、ロボット」をレンタルしたほどです。

映画は12月末、TOHOシネマズ六本木ヒルズで、何年かぶりに息子と一緒に観ました。そのあたり詳細はこちらに。ポップコーンとコーラをペアセットで注文し、バケツ一杯のポップコーンを中盤までボリボリ食べながら余裕で観ていました。

人っ子一人いないはずのニューヨークで、夜になるのを恐れ、厳重に幾重にも鍵を掛ける主人公の行動の意味が分かると、怖さで思わずのけぞるように身を固くする息子の様子に若干驚きを覚えつつも、短絡的にゾンビ化しすぎじゃないの?と私はやや冷めた見方をしてしまいました。

星4つの理由は、もしも世界で一人っきりになったら…というあり得ない設定の中で、強い意志をもって使命を遂げようとする主人公の、厳しくも徹底した自己管理のストイックさに引き込まれる一方で、心理的な葛藤(わざわざマネキンをCDショップに置いたり、話しかけたりして孤独感から逃れようとするものの、かえって孤独にさいなまれるなど)が悲しみに満ちていて私の心を揺さぶったからです。

ラストはちょっと説明的で強引でしたが、もともとあり得ない設定ですから力業で持っていかざるを得ないのでしょう。正義感の表現が強く出て、さすがキリスト教圏の映画だなぁという印象が残りました。
Movix京都で公開初日の今日、最初の時間をねらって観てきました。(^o^)v

今朝は休日なのに珍しく5時半に目覚め、そのまま起きてやはり珍しく(?)朝ご飯の支度もして、休日出勤のパパを送り出し、いそいそと出かけました。

だいぶ開演時間には早く、三条大橋のカフェバーでコーヒーをいただきながら時間をつぶし、それでも開演20分前には映画館に到着しました。土曜日はいつもそうなのか、チケット売り場は相当行列ができていました。

5分ほど並んで、発券してもらいエレベーターを待ちながらチケットを見ると、何故か10:00開始の「相棒」に。「最高の…」が「相棒」に口元が見えたんでしょうか。キャンセルできないようなことをいっていたけど大丈夫だろうかと心配しながら、「『最高の人生の見つけ方』を買ったつもりだったんですが…」と、今度ははっきりと長いタイトルを告げました。

無事、チケットを交換してもらい、早速シートに急ぎました。

大学生らしい2人連れの男の子達が開演までしゃべっているのが聞こえてきました。「モーガン・フリーマンが出るんだから、絶対外れはないって。」と。私も同感!わぁ、いよいよ期待が膨らむなぁ…、ってな感じで待っていました。

そして、映画が始まりました。

エベレストを登る一人の男が登場、フリーマンのあのナレーションが始まりました。(えっ?…ってことは、もう一人は死んじゃったの?)

いきなり重いなぁ、と思っていたところで回想シーンです。

…なんて、ずぅっとやってしまうとネタバレしちゃいますから、ここで止めときますね。

この映画はたぶん「上質」のコメディです。しかもいずれは死ぬ運命である私たち誰に対しても、老いも若きもひっくるめて、希望を失わずに生きていく勇気を与えてくれる、感動に満ちあふれた作品です。

それにしても、スカイダイビングとかカーチェイスとか、サファリツアーだとか…。特撮ですよね。まさか、あのお年で…?!それにあの方々は現地ロケとかに本当に行かれたんでしょうか。だとしたら、なんてゴージャスなんでしょう。居ながらにして世界中を旅することができて、別の意味でも楽しい映画でもありました。

というわけで、是非皆さんにご覧になっていただきたいお薦めの一本です。

DISCASから「ドライビングMISSデイジー」「ミス・ポター」が届いていました。またまた映画を堪能しようと思います。
by my-colorM | 2008-05-10 18:00 | 日記