<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

-ぼくたちは岐部先生と出会った。いつか追いつきたいと思った。-

先生と教え子のコラボレーション 『岐部琢美』展

会期は4月30日~5月6日まで。静岡県藤枝市にあるアートカゲヤマ画廊にて開催。




先月、高校時代の恩師である岐部琢美先生が退官されると聞き、教え子が集まって「囲む会」を開いた。私の学年から全く知らない代のメンバーも集まっていた。師は武蔵野美術大学を卒業して、37年間県立高校で教鞭を執りながら、独自の「鉄」の世界を築いてこられた彫刻家である。今回の展覧会は師の作品と共に、師が赴任した4つの高等学校の教え子のうち作家として活動している者やデザイナー、会社経営者、学芸員などがそれぞれの仕事に絡めて出品し、開催しているものである。

私はこれといった作品もHPも持ち合わせていないので参加は辞退したが、師への思いは決して他のメンバーにひけをとることはないと自負している。

母校、藤枝東高には私が1年生の時に師は赴任してきた。まだ30歳になったばかり。甘いマスクで高校生の私でさえ色気を感じる魅力的な美術教師だった。

赴任早々、物置同然だった美術準備室を教官室として再生。電気ポットでお茶を沸かす、その教官室では「美術手帖」はただで見せてもらえるし、なにより生徒作品の魅力を本当に感心したという感じで話してくれる先生の言葉や、印象に残っている作家ではジャコメッティーのことを熱っぽく語ったり、自らの彫刻について語ったりするお話を聞くのが楽しみだった。

そしてその空間は美大受験のための指導室となった。夏を過ぎると美大受験を目指した先輩がデッサンを始めた。地元では進学校としてちょっとは名が通る学校だったが、美大ではあまり実績があったとは記憶していない。

師が最初に指導したのはM女史。中学校では水泳部で鍛えた私。美術部にいることが美大へつながることなのだと、そのとき初めて自覚した。

次の年、ストイックとも言える1年上の先輩が、やはり学芸大を目指して指導を受けていた。教官室に踏みいることは自然と憧れとなった。もちろん、部員が教官室に入室することは当然あったが、そこでイーゼルを立て、直接の指導を受けたいという思いはいや増しに増した。

そして3年生になった春から私は、受験で合流したメンバーと共にデッサン指導を受けた。いつか先生と同じ世界に身を置いてみたいという思いが美大志望へと駆り立てた。

すでに兄2人は京都の私大に通っていた。私はどうしても進学したい。美術部に入り、日がなデッサンや油絵に熱中する姿に、薬剤師を薦めていた父は、その願いを取り下げ、夏休みに2週間の名古屋での夏期実技講習会に参加させてくれるまで理解を示してくれた。

美術に進む。その志望は固かったが、浪人はできない。しかも末っ子で女の私が親に願い出るには国立大学しかなかった。

そんな私に先生が示して下さったのが京都教育大だった。前任校の教え子が行っている。私にはうってつけの大学だと薦めて下さった。同じ教育学部でも地元の大学には全く食指が動かなかった私は、強い憧れを持って志望することとなり、一層デッサンに身を入れたものだ。

たしか3年の時だったと思う。静岡で部展を開いた。このことは私たちにとっては大きなイベントであった。私は50号のキャンバスを横並びに2枚継ぎ足して「支配の関係」という作品を発表した。この作品は、乾ききった地面の中に半身埋まりながら、無数の鳥が羽ばたくのを足に紐を付け束ねている巨人を、まさに支配しているかのように半分勝ち誇ったように、女神が薄笑いを浮かべ眺めているといった情景を描いたものだ。自らの自由を獲得したいという願望と周囲を思い通りに支配したいという相反する願望の表出なのだが、私の作品の中では一番大きな作品である。

件の「囲む会」で、師はその作品のエピソードを話された。作品自体の内容はともかく、油絵で50号をつなげて1作品にする発想は珍しいと。赤面したが、もう30年近くも前のことである。それを覚えていて下さったことに驚いたし、同時にありがたいことだと思った。

また、その展覧会場で同じ日に別の高等学校がやはり部展を開いていた。写実的でうまい絵が並んでいた。そのうまさに目を奪われている私たちに、師は声をかけた。「どれもみんな同じじゃないか。お前たちの作品はひとつも同じものがない。その方がいいに決まってるじゃないか。」と。その言葉は私たち一人一人を勇気づけた。その意味するメッセージは私の中で今も強く光を放っている。

そうだ。こうしてあなたの後を追い続けて美術教師をしている。あなたに教えていただいたことは本当にたくさんある。陳腐な言い方だが、断言できる。あなたとの出会いがなかったら今の私はいないと。なかなか追いつくことは難しいが、惜しみなく教えること、いつも理想を語ること、そして自分自身が追求し続ける姿をずっと見倣って行きたいと思っている。
by my-colorM | 2007-04-30 19:49 | アート
いよいよ左肩の痛み、こわばりが尋常でなくなってきた。

「四十肩」は原因不明で、痛みが半年から一年ほど続くということらしい。

ということで、少しは動かしてやらねば、でもまあそのうち痛みがなくなるんだろう。
ぐらいに考えてきてかれこれ半年になる。

今日、久しぶりに近所の接骨院を訪ねてみた。

かなりの繁盛ぶりは朝の開院前からたくさんの方が玄関先で待っているので予想していたが、見ない間に、器具も施術台も以前からして倍増していたのには驚いた。待合室までぎっしり。なので、一旦家に戻ってゆっくり待つことにした。

再び院に戻って待合い椅子に座って程なく名前を呼ばれ、通電椅子→空気圧式足マッサージャーの後、台に。

「うつぶせになって手をダランと下ろして下さい。」そう言われて横たわったのだが、手の下ろし方がぎこちなかったのだろう、来院の理由を「四十肩なんです。」と告げると「やっぱりね。」と言われてしまった。

その後、痛気持ちいい指圧を受け、いよいよ件の左肩へと…。

「ぎゃーっ」とは言わなかったが、周りに人がいなかったら発していたかもしれない。

痛みがあるので動かさないようにすることが多く、そのためにこわばってしまうんだろう。硬く縮こまってしまっている筋肉や腱が伸ばされていく。そして抵抗を与えられ自力で押し返す筋力の回復…。

「運動なしで直すことはできません。」ときっぱり。このままでは腕を伸ばしたままで高くあげられなくなるとも言われた。

放ったらかしのツケは大きかったというわけである。

今回の施術はプロローグ。最初は緩やかにスタートしないといけないそうで、軽い施術で切り上げられた。最後はパッドを当てて通電マッサージにかかり終了した。

かなり時間的に余裕がないが、今回の痛気持ちよさは定期通院ものだ。

仕事を早く切り上げて週の半ばの晩、そして土曜の朝の週2回は通いたいなぁ。

それにしても普段もうちょっと、けっこう痛いけど、頑張って動かそうっと。
by my-colorM | 2007-04-28 14:24 | 日記
今日の日曜日、新規パスポートの受け取りのため京都駅へ。

京都駅ビル伊勢丹8階が旅券事務所。今日までの会期で7階美術館「えき」で「片岡鶴太郎展」を開催していることを知り、ほんのついでに約20分で鑑賞した。

「墨彩画塾」でNHKでも有名になった片岡氏。描きたいから描いたといった、別段力を注いだ感のない作品がたくさん並んでいて、それはそれで気楽に鑑賞させて貰った。(ろうけつ染めによる「しだれ桜」の着物は目を見張る労作だったが…)

それとは別に、出口にあったパンフレットケースに

相国寺承天閣美術館「若冲展」サントリー美術館「大阪コレクションズ」の展覧会のリーフレットを見つけて心躍る。

「犬も歩けば棒に当たる」のことわざを思い浮かべた。

ちょっとお出かけをすればふいに新たな展開が開けるものである。

連休には東京でダ・ヴィンチの「受胎告知」と新美術館の「モネ展」も予定に入っている。

いよいよ展覧会三昧か…。今年もGWがアートシーン満載で動き出しそうな予感がする。

う~ん、楽しみ~♪

鑑賞できたらじっくり報告しようと考えている。
by my-colorM | 2007-04-22 22:49 | 日記
はい、昨年の秋から「色彩会員」になりました。
で、本日会報誌の「ジャーナル(春号)」が届いたんです。

そうです。春号に今回(再選考)の「認定講師」の顔写真が載るんです。

履歴書に載せたものが直近なので、それが載るのですが、
講座で使った実質2年前の写真が載りました。(あれっ?そのままだっけ…)

髪型も中途半端だし、何しろパーソナルカラーとしてはベストカラーを知らなかった時の写真だし、ベージュのスーツを着ておりましたが、…などと微妙に焦りました。

ま、でも1年半前に提出した履歴書写真もこれだったかも?…う~ん、どうだっけ?


とはいえ、この間、スタイルを気にした証明写真なんて実は皆無なんですよね。

カラコ1級受検のための写真はたまたまカメラマンさんが来られたときに学校で撮ってもらった真っ黒なセーター姿だし、パスポートも結局その写真を使ったわけだし…。

今回のベージュのスーツ姿の方がキチンとしていてマシと言えばマシか。

というわけで、某色彩会員に送付される「○○○ジャーナル」なる会報誌に顔写真が載ってしまいました。ハンドルネームからしても推測しやすかったりして…う~ん、微妙…・。

できるならもうちょっとかっこよく、っていうか美形に映りたかったわけですが、…無理か。

ま、まぁ、どうでもいいんですけど。

(といいながら、かんなり、動揺が隠しきれないMayusan…)

っていうか、話は変わるんですが、7月に期限切れになるパスポートを更新したので、本日それを取りに行ったんですね。

ICパスポートとかいって、これまでとはちょっと違う方式になったそうで、
かなり写真の顔サイズに制限が加えられていました。

で、ホントギリギリの許容範囲の大きさでプリントした写真を持って行ったのでそのできあがりにも不安がちょっぴりあったわけです。

案の定、「大顔面」じゃないですか!!!

ホント、まぁ、どうでもいいんですけど。


写真映りというのは、気になる人は気になるでしょうねぇ。

え?私?

どうでもいいです。はい。別にどうにもなりませんから。

このブログをご覧の何人かの方にはたぶん確定されちゃうんでしょうねぇ。

でも、待てよ。私のブログ読者の皆さんは私のことは大体ご存じなはずですよね。

何だ。何も慌てることなんかないやん!!

ハハハ…。


写真を提出するときは心してドレスアップを図るべきである!!

そう、肝に銘じたMayusanでした。

…もう、そんな機会はないってば。
う、うん。それもそうだ…(T_T)
どのカテゴリーで報告しようかとちょっと考えましたが、「どーでっか茶~くる?」が一番当てはまると思いましたので、こちらで。

4月に入ってもなかなか届かず、首を長~くして待っておりましたが、ようやく「AFT認定色彩講師として認定いたします」の通知文が到着いたしました!!!

添えられた講評は、これって合格者に対して書かれたものなの?と思えるほど厳しいお言葉の数々でしたので、「ギリギリ、辛くも許す」といったところでしょう。(某大学に通い始めた息子の状況とかなり似ている気がするんですが…)

とはいえ、「認定」の二文字を確認して、親身に支えて下さった先輩やお仲間の皆さんのお顔が浮かびました。皆さんのおかげです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。(/_;)

講評の最後に書かれた「今後更に研鑽を積まれることと期待しています。」の一文を肝に銘じ、これからもたゆまず精進して参りたいと思います。

少しでも怠けている様子が見えたら叱咤して下さいませ。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
「色は目的に合うように使われなければならない。」

そのことをあらゆるもののつくり手に教える必要があります。

今回は学級の教室掲示を例に挙げましょう。

毎年4月になると新しいクラスに様々な掲示物が作られますが、言うまでもなくその色遣いはとても大切です。特に遠くから何が書いてあるのかがわかる必要があるネームカードや授業予定表などは「可読性」が何より優先されるはずです。

ところが残念ながら毎年これがうまく行われません。私は裸眼では教壇から背面黒板に貼られた座席のネームカードが怪しいのですが、可読性の高い配色ならば何とか判読できます。白いカードに黒や赤などは大抵読めるのですが、オレンジやピンク、細い蛍光ペンなどを使われたら全く読めません。要はカード本体との明度差が大きいことが最優先される条件です。そして文字の太さ大きさを適度に、注目されたければ暖色を中心とした高彩度で低明度な色を用いれば確実にアピールできること請け合いです。

今年も1年の最初の美術の授業は教室で行い、美術で教えることが生活で活かされるようにとの思いを学活で作成したそれらの掲示物を取り上げてコメントするという方法で学習の題材にして話しました。

好きなように自己表現をする場合と「伝える」という目的をもって表す場合とでは選ぶ色は違ってきます。そのあたりの正しい判断ができるようになってほしいと美術を学習する目的のひとつとして説明しました。

目立つ色遣いは、今後、総合学習で自分たちの活動や調べたことをパワーポイントでプレゼンの組み立てをするときにも強調したい事柄です。技巧(不必要にカラフルに仕上げたり、やたら効果を取り入れたがる作者はかなりたくさんいます)に走ることは極力抑えめにして、見るものにストレートに伝わるように可読性を重視する姿勢が欠かせない指導事項だと考えています。

目立つ色、目立たない色。これは教材としても身近でわかりやすい内容ですが、案外担任の先生方からはあまり指導されない穴でもあります。ちょっとした工夫で居心地のいい教室ができるものです。

是非とも気をつけたいですね。
息子の入学式。東京まで出かけてきました。花はもうほとんど散ってしまい、九段下の桜は若葉が芽吹いていました。

人の話を聞くというのは有意義なことが多々ありますが、この日の新入生への祝辞は私自身きっと生涯忘れられないだろうと思います。

その人の名は福島智氏。

大学の先端科学技術研究センターで、准教授という役職に就き、バリアフリーシステムのあり方を学問的に体系化すること、また、バリアフリーに深い理解を持つ人材育成を図るというお仕事を進めていらっしゃいます。私はこの方のことを全く知りませんでした。学長の式辞の中で一言紹介があり、少しばかりの興味が湧いたのですが、3人目に登壇され、そのお話が始まると即座に惹きつけられました。

「私は1962年、神戸で生まれました。…私の夢は『宇宙人にあいたい』でした。」

少し高いトーンで話されたそのひとことは私の意表をつくものでした。その宇宙人にあう夢のきっかけとなったのは彼が6歳の頃遭遇した、1969年7月20日アポロ11号月面着陸のニュースでした。このTV番組は私自身も子どもながら固唾をのんで見守った一人ですからよく覚えています。彼はこのときに抱いた宇宙へのあこがれから、星に強い興味を持ち、星空を眺めたりいろんな本を読んだりしたそうです。それが高じて今度は本格的に観測しようとお父さんに天体望遠鏡をねだるほどの入れ込みようでした。しかし彼はその直後9歳で失明。望遠鏡はおろか、以来星の瞬きを二度と見ることはありませんでした。光を失い、失望しかけた彼でしたが、TVやラジオの音声からもたらされる情報に支えられながら光のない生活を乗り越えてきました。ところがさらに18歳で失聴、頼りの音すらも奪われ、全盲ろうとなってしまいます。

彼の周りには真っ暗で音のない、それこそ大宇宙が拡がっているかのようです。彼が発する言葉にたとえ誰かが彼の前で反応したとしてもその声も表情も彼には届きません。彼が最も悲しかったのは見えないことや聞こえないことではなく、他者とのコミュニケーションの手段を絶たれたことでした。彼は孤独と絶望の淵に立たされたのでした。

大学に進み学問を修めたいという志を持って高校生活を送っていた彼にとって、光だけでなく音も奪われたことは重大な試練でしたが、幸い彼の側には良き理解者がいました。盲ろう者が大学に行った前例は日本ではありません。相談を寄せると彼の担任は「前例がなければ、君がその前例になればいい。そのための努力と支援は惜しまない。」と言ったそうです。幸いなことに彼は指点字というコミュニケーション手段に救われます。そして担任はその言葉どおり、彼のために指点字通訳を育て彼の学生生活をサポートしました。

こうして1983年、東京都立大学人文学部入学。日本で初めての全盲ろう者の大学生となり、卒業後、日本学術振興会特別研究員、東京都立大学助手、金沢大学助教授等の職を経て現職に就きました。

時折ウィットに富むお話を挟みながら、明朗なその話しぶりに聞き入りました。しかし、これが私だったらと思うととても尋常のこととは考えられません。光も音もない世界。イメージするたびごとに思考停止を覚えます。

その中で学問を修めるのです。9歳までに見聞きして獲得してきたこと、18歳までに聴いたり触れたりして獲得してきたこと、そして大学以降に学んだ専門知識の数々…。

そして彼は10数年前からEメールというコミュニケーション手段を使って多くの友人と交流しているそうです。そのハンドルネームは『ET』。指先を触れるだけで意思疎通ができるというあの1982年作スピルバーグ監督の名作映画からとったそうです。指点字というコミュニケーション方法を使う氏自身と彼の夢が見事に合わさっています。このようにお話のいくつもの部分がいつの間にか一つにつながっていたりして本当にユーモアあふれる楽しい人なのだなぁと感じるだけでなく、この人の頭の中の構造は一体どうなっているんだろうと思わず感心してしまいます。

さて、彼が手がけている仕事は「バリアフリー」です。彼にこそできる研究がそこにあるのだろうと思いますが、こうしたお話を新入生と共に共有できたことが何よりも喜ばしいことでした。

私にはイメージすることさえ難しい状況で、その困難を和らげるマンパワーを引き出そうと常々努力し傾注している氏の生き方に感銘を受けましたし、「人は一人では生きていけない」というリアルなフレーズは強い説得力がありました。新入生へのはなむけになったことはもちろんですが、私自身も多くを学ばせていただき、感謝しています。

氏の著書「渡辺荘の宇宙人―指点字で交信する日々」「盲ろう者とノーマライゼーション―癒しと共生の社会をもとめて 」を取り寄せ、早速読んでみようと思っています。

私は知らなかったのですが、彼の奥さんの著書「指先で紡ぐ愛―グチもケンカもトキメキも」がドラマ化されたそうですね。ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。この原作本も読んでみましょうか。
by my-colorM | 2007-04-14 01:58 | 日記
昨日の入学式に引き続き、今日は「黄金の3日間」の2日目。

「黄金の3日間」というのは生徒との1年ないしは3年間を決定づける、出会い、オープニングの日々を呼ぶ。学級担任にとってはまさに正念場。不安を抱えてやってくる新入生に安心だけでなく希望を与えることができれば成功といえる。

学年付きの私も、学級担任がいい雰囲気で進められるよう全面的に支援をしたい一心から1時間目から1年生の3つのクラスを3時間の学活を、1時間ごとハシゴをする。私の場合は兼務を抱えているので学級担任が持てないばかりか特定クラスの副担任にすらなれない。しかし考えれば学年の一人一人に目配りをする役割とも言える。つまり、フリーでどのクラスにも遠慮なくまた偏りなく足を運ぶことができる位置にいると思えばいいのだ。今年は名前と顔がほぼ一致し(他の少学校からの生徒も数名いる)生徒が引っ込み思案になって周囲に遠慮する場面を見つけたらどんどん声かけをして積極性を引き出すことができると考えている。子どもたちは私の姿や呼名で少なからずリラックスしてくれているにちがいない。

さて2小学校で昨年度1年間教えた愛すべき子どもたちが真新しい制服を身にまとい初々しい中学生となってやってきた。いつもの中1を受け入れる気分とは全然違う。

生徒への期待感とできるだけの支援を惜しみなくしてやりたいという意欲が心を満たしている。

昨日は居ても立ってもいられない気分になり校門で出迎えた。初々しい制服姿の彼らにえもいわれぬ喜びがわき上がってきた。役割分担で「記録係」を仰せつかっていたのだが、思わずビデオを回した。「おめでとう。どんな気分ですか?」などと声をかけ、生徒の表情や反応を記録した。

そして今日の4時間目。学年集会で学年担当の挨拶の後、教職員が生徒にプレゼントしたのは主任のギター伴奏による「世界に一つだけの花」の熱唱だった。担任はサビで手話も加えた。

本当に深い意味を持つ名曲だと思う。

昨日、ハモりを提案されたので、印刷室でもう一人の先生と学活で使う「自己紹介カード」を作りながら、CDを鳴らし、歌練習をしていたのだが、ふっと一人になり、歌詞カードに目を落としながら歌っているうちにその歌詞に感動して思わず涙がこみ上げてきた。

一人一人がそれぞれに生まれ持った力を、他人と比較したりすることなく胸を張ってのばしていけばいいという、歌詞に込められたメッセージは重いものだ。そして崇高でもある。誰もが夢や希望を持ち、自分を信じて、遠慮することなく、またおごることもなく、力一杯その思いを膨らませ頑張って欲しい。本番では心からそう願いながら歌った。

その放課後、「1年生を迎える会」のために募った実行委員を集め緊急の会議を開いた。各クラスから集まった15名を超える生徒たち。

2つの小学校のバランスは今ひとつだったが、2つの小学校が共通して歌える歌をお礼の出し物にするというのであれこれと候補が出たあげく、合唱曲「この星に生まれて」に決定。新入生の意欲を引き出すことができて嬉しく思っている。来週小学校に出向いたときに心強い子どもたちの姿を早速紹介して喜びを分かち合いたいと考えている。

楽しい1年になる予感が「黄金の3日間」2日目にしてしてきた。

生徒たちにとってもそうであることを心から願ってやまない。
by my-colorM | 2007-04-06 23:12 | 日記