<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

月曜日は日曜参観の代休日。

午前中に銀行、郵便局の用事を済ませ、
お昼前に三条へ移動…、かねてから計画していた「ダ・ヴィンチ・コード」の鑑賞に出かけました。

f0008085_20535059.jpg
久々の映画鑑賞。三条のMovixで字幕版を見ることにしました。
新京極は月曜日なので定番の修学旅行生の姿とまばらな人出です。
開演一時間前に切符を購入。スクリーンを真っ正面に見る中程の席が空いていました。


←新京極。土日のような賑わいは 
  見られない。


早いお昼は三条の「かつくら」へ。
てっせんの生け花がかなりインパクトがあり、写真に納めたかったのですが
続いてお客さんが入ってきたのでカメラを向けることができず、
和紙のあかりとともにしばらく愛でておりました。

一人で出かけてかなりのボリュームではありましたが、ヒレかつと特大エビかつの定食を
ゆっくりいただきました。
「すりごま」の香りと「ゆずドレッシング」のさわやかな酸味…。
そして麦ご飯のあっさりとした食感。
もちろんメインのかつのサクサクとした歯触りは得も言われぬおいしさ。大変満足のお昼ご飯でした。

f0008085_20542568.jpg
当の「ダ・ヴィンチ・コード」は素晴らしいテンポと
スリリングな展開でかなりエンターテイメント性の
高い仕上がりと感じました。
一気に読み進んだ原作に迫っていたのではないかと感じます。
ソフィー役がとても知的で魅力的。
配役の中で一番はまっていたと思います。
シラスもかなりはまり役でしたけど…。
                        
                                            Movixの吊りもの



映画鑑賞の後は教科主任会兼研究会の総会…
つまり代休日ながら出張だったわけです。

分厚い指導資料と鑑賞授業のワークシート・パワーポイントのデータ集に
いつもの研究冊子と嬉しいお土産にどっとカバンは重くなりましたが、
研究テーマを検討できたり、総会も講演中心でなく、
議事に時間がかけられていて充実した研究総会でした。


f0008085_2055136.jpg
総会の後は歓迎会。
先斗町の「よし菜」で行われました。
今回は退職される先生方の送別会を兼ねていましたが、残念ながら
出席いただけず、主として今年来られた非常勤の先生を含む
講師さん5名に参加していただき(といってももう何年も採用がなく、
経験年数はかなりの皆さんもいらっしゃいますが…)歓迎会となりました。


奇遇なことに、昨年度、私が今年兼務している小学校のひとつに
スクールサポーターとして授業をされていた方がお隣に座っていました。

自己紹介でそれに気づいて、それまでは見知らぬ他人でしたが、話が弾んだことは言うまでもありません。
子どもの様子を交流できたことが何よりですし、他の先生とともにその方に具体的に助言できたことも
収穫だったと思います。本当につながりは貴重ですよね。

つながりといえば、その先生、私の大学で同じ専攻つまり後輩だったのには縁すら感じました。
しかしながら干支一巡する分若いのですが…。

f0008085_20563464.jpg

              2階から納涼床も見下ろせました。
              涼しげですよね。やはり。月曜日です。お客さんは少ないですよね。



f0008085_20581630.jpg

            四条大橋から。温かい灯りがともっています。床もおわかりでしょうか?
by my-colorM | 2006-05-30 21:58 | 日記
f0008085_20241145.jpg

携帯写真での定点観測。今回からDSC-H5で撮影していこうと思います。

日照不足が続いた5月でしたが、近郊の田園でも田植えの季節を迎えています。
通勤の車窓からも、田んぼに水が張られ、一日一日数枚ずつ整然と植え付けられた
苗の柔らかい緑がか細いラインをつくっている様子が目に入ってきます。

今日は久しぶりに気持ちよく晴れ上がり、木々が緑濃く葉を茂らせていました。
待ち望んでいた“五月晴れ”。

梅雨も近づいています。

束の間の晴れ間なのかもしれません。
by my-colorM | 2006-05-30 19:37 | 日記
おもしろいポーズが登場しました
5年生には負けたくない
の記事に少しばかり写真を入れてみましたので、
もう一度ご覧ください。

DSC-H5で撮影したものですが、Cyber-shot Viewerのツールでリサイズしています。
このブログには500KB以下の画像しかのせられないのですよね。
しかし、図らずもグッとケチって10KB位…(汗)。

どうやってちょうどいい画像にするんだろう?またこれも手探りで…。

かなり画素は落としましたが描線は鮮明ですので伝わるとは思いますが…。

また感想をコメントいただけるとうれしいです。
おもしろい記事発見!

「勘が鈍る」分子レベルで立証 東大、仕組み解明

asahi.comのサイエンス記事にはおもしろいのがありますね。

今回もとても興味深い内容でした。

息子も楽器を弾きますが、
少しやらないと勘が鈍るそうで受験勉強に入ってもそうやすやすとやめることはできないと
時々バイオリンを触っています。

自転車とか水泳とか一度できるようになったら忘れないというけど
そうはいかない繊細な部分は確かにあるんでしょうね。
by my-colorM | 2006-05-25 23:20 | 日記
先日の勉強会の帰路、氷結さんから質問をいただきました。
そのときは質問の意図が飲み込めず、「宿題にさせて」と言って別れました。

今日、新テキストを読む時間がとれたので、お答えになるかどうかはわかりませんが
コメントしたいと思います。

その質問は、
「新テキスト2級に出てくるマンセルの面積比とムーン&スペンサーの面積比をどう考えたらいいか」
ということだったと記憶しています。

新テキスト2級の記述は、まず項目として、「美的構成」という章の「プロポーション」の項にありました。

いわゆる美術で扱うところの「構成美の要素」つまり、美しいと感じさせるさまざまな要素のうち、
「プロポーション(比例)=程よい美しさを感じさせる各要素の比率、割合」について述べているところで、
色彩でいうと配色における各色の面積比ということになるだろうという論旨の説明でした。
その中でイッテン、マンセル、ムーン&スペンサーはその比をどのように捉えているかを紹介している部分、
それが今回の質問の内容ですよね。

彼らは共通して色彩調和を数学的に秩序立てて論じようとしました。

面積比  More
気に入るスキン(ブログのデザイン)になかなか巡り会えないのですが、
自分でカスタマイズする知識も技術もなく…毎度ベターをめざして変更します。

色を押し出したスキンという印象があり、今回新しいものを採用してみました。
by my-colorM | 2006-05-23 22:01 | 日記
20日。

実をいうと私は色彩学会全国大会の会場に到着するのが大変遅れてしまいました。
後1時間ちょっとで会費5000円を支払うのはどうなんだろう…?とあさましくも迷い、
結果、色研のブースでウダウダ~と展示即売品を見て、新製品のカラーカードを購入しただけ。
皆さんに報告をと意気込んでいたのですが…不甲斐ない…ですね。

実はもものんさんが大会に参加されていました。
直前にCircle参加の携帯メールがあり、返信したところその事実が判明しました。
前売りを購入されていたそうで私とはまず「構え」が違いました。
後からのお話によると、主に色覚に関する研究発表を聞かれたそうです。
興味深いお話だったとのこと。うーん、最新のお話聞きたかったなぁ。(…猛省および滝汗)

それにしても、ここのところ土曜日はリフレッシュデイと決め込んでいまして。
ついついゆっくり休むクセがついてしまい…。
おまけに2日前に届いた「ハリポ」の少しでも続きを読みたいと思い…。
ふと気がついたら何とお昼前になっていたのですね。アッチャ~。それで、出遅れ…。

さて、件の会場、京都工芸繊維大学を出て、「ハリポ」を手に行きつけのコーヒー専門店に。
6時の集合時間をにらみながら移動。今回のお店の前でもやはり読みふけっておりました。

「○○さん?」と声を掛けられてようやく待ち合わせをしていることを思い出しました。
京都のお仲間に夢中で読んでいたのがバレバレでした。

ほどなくきよりんさん、氷結さん、もものんさんも来られました。
予約席に着くと、まもなく背の高いKさんも登場。

京都の会をしました!More
結論。写真ってホント難しいですね。

撮りたい対象があり、どんな効果を狙うかがポイントだろうと思うのに…。
絵を描くのと一緒。なかなか対象が定まらず、未だこれといって撮るものも見つからず…。

まだまだ宝の持ち腐れ状態と言ったところです。いやいや、すみません。

それにしてもこれまでの光学3倍ズームとは比較にならないほどのズームに感動!
しかもピントあわせの(深度とかいう?)妙でとても遠近感のあるものも撮れそうです。

何といっても結果がすぐにモニターで確認できてしまう便利さ。

デジタル一眼レフがプロにも支持されるのは当然です。

昨年の卒業アルバムでは、カメラマンはデジタルカメラを使用していました。
データが数枚飛んでしまうというトラブルが数件ありましたが、
実質、何ら不都合はなく、その後の編集作業もかなり省力化されていたように思います。

それにしては写真代が高いのでは??とは思いましたが、
時代は完全にデジタルにシフトしていますね。

それにしても、写真の技術のよさは表情を一番いいところで切り取る力に違いありません。
プロの笑顔の引き出し方や決定的瞬間を臨場感溢れる効果を使っていきいきと表す力は
素人の私ではなかなか…。

ハードルは高いですが、意識はしっかり持って取り組んでいこうと思います。

気長に待ってね。
by my-colorM | 2006-05-22 21:29 | 日記
先日、4作目のDVDを観ました。

だんだんページ数が増えてどうするのかと思えば
かなり内容をはしょって映画化していましたね。
クディッチワールドカップなんてほとんど素通りでしたし。

それにしても、ハーマイオニーがまあ、大人になって…。
もちろんハリーもロンも。14才の設定はちょっと厳しいかもって感じでしたね。

いかにも思春期まっただ中という青春映画に様変わりして、
どんどんお子ちゃま向けではなくなってきていますよね。
「アブラカタブブラ…」の呪文は恐ろしい結末を与えますし…。

さあ、昨日、いよいよ6作目の日本語訳が手に入る…はずでしたが、
予約購入で不在連絡票が入っていました。

でも今晩、家に帰れば届いているはず。

昨年の夏は例の講座や仕事で忙殺され、原作を半分しか読めなかったので
内容先取りはできていないのです。だからとにかく展開が楽しみ。

残る7作目で完結するハリポ。あぁ、今が一番楽しい。
by my-colorM | 2006-05-18 19:39 | 日記
“Dodeca Circle”というのは、第12期色彩講師養成講座受講生の親睦会の名称です。
はい。僭越ながら私が提案させていただき、勝手に?ネーミングしております。

Dodecaとは、「12」をあらわすギリシャ語です。
正12面体のことをドデカへドロン(dodecahedron)というのですが、
ギリシャの昔から、最も高い対称性を持つ美しい立体として知られていました。
大変安定した強い立体でもあります。

「12」という数字の魅力をあげたら枚挙にいとまがないのですが、
この「正12面体」の形体の特性にあやかって名づけさせていただいたわけです。

あうらさんがAFTのもう一つの上級講座「カラーデザイナー講座」に引き続き参加され、
その開催日に合わせて大阪で勉強会(≒飲み会)を続けてきました。

「色」は学際的であると言われますが、
さまざまな業種が「色」を囲んであれこれと交流するのは本当に有意義なことです。

氷結さんも素敵な会報を編んで下さいました。
それによりなんとか会としての形もできてきていると感じます。

あうらさんの参加された講座も修了し、なかなか毎月開催ということが難しくなりましたが、
なんとかこの火を消さないように、大切にしていきたいと考えております。

そこで、このほど、色彩学会全国大会が京都で開催されるという
「色」を囲む会に好都合の機会に恵まれ、お誘いをさせていただいたというわけです。

受講生25名全員にメールをさせていただきましたところ、
現在、6名の参加とお一人の保留という状況で、なんとか会が成立しそうです。(^_^)v

お忙しい状況の中、つかの間ではありますが、お会いできることを楽しみにしております。

また、遠距離でお気持ちはあってもなかなか参加しにくい皆さん、
私のこのブログ「どーでっか茶~くる?」に匿名参加ではありますがHNでコメントいただき
“Dodeca Circle”をより堅固なものにしていきませんか。

といっても、そんな固い内容ではありません。親睦ですから…。
しかも「どーでっか」やし「茶~くる?」やし…ネ (^_^;)

さらにブログやHPをお持ちの方は是非お知らせ下さい。
なんとかリンクをはる方法を身につけました。
つながりを深め、その世界を広げることもできるのではないかと思います。


それでは、今後ともどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m