<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

前出のうさみさんのブログで紹介されていたプリン占いなるものをしました。
その結果がなんとなく面白かったので紹介しちゃいます。

私は 砂糖 でした。

人の多いガヤガヤした場所では、物静かな雰囲気であまり目立ちすぎないように気をつけている 一方、一対一での会話では巧みな話術で相手を自分の虜にさせてしまうらしいです。
甘~い。

誰かとくっつきたがるさびしがりやな一面もあります。

やる時はやるのも大きな特徴の一つ。プリン生地として、カラメルとして、そしてもうあらゆる分野で活躍するなど、 いろんな顔 を持ち、そんな「顔」の使い分けができるのも特徴!だそうです。

当たってますかしら?私…。ふふっ…。

面白い占いですので、皆さんも試してみてください。
で、結果を教えてくださいね。

占いリンク集を見ると他にもいろいろあるんですね。面白そう。
by my-colorM | 2006-03-30 01:04 | 日記
2つの協会がパーソナルカラー検定をされるようになりましたね。
色彩のお仲間にもパーソナルカラーを学ばれていらっしゃる方も結構…。
パーソナルカラーの認知度もこれからどんどん高まってくるでしょう。

パーソナルカラーナビゲーターというリンク集が立ち上げられました。

これから各地のパーソナルカラーアナリストが名乗りを上げていかれるのでしょうか。
検定まで実施される状況ですから相当数いらっしゃるのではないかと思うのですが。

…と考えるとサイトをもたれている団体や個人が断然有利ですよね。
サイトを運営できる力はこの道ではすでに必須ということでしょう。

勉強されて診断の実績がある方はどんどん登録されたらいいのではないでしょうか。
興味を持っている人が向こうからやってくるわけですから相当宣伝効果はあるでしょうし…。


今更ですが私も「パーソナルカラー」勉強しようかしら…。
その前にHTML…???
by my-colorM | 2006-03-29 00:21 | 色の話
家の近くに早咲きのしだれ桜があるのですが、
今朝見るともう三分咲きぐらいに。

遠巻きに確認する、と同時に甘酸っぱい沈丁花の匂い…。

春…です。

今日はあいにくの曇り→雨。

しかし、確実に春がやってきたようです。

お約束通り、ブログの背景を替えてみますね。



f0008085_1359407.jpg
by my-colorM | 2006-03-28 14:00 | 日記
今朝、いつもの定点観測地点(最近はUPしてませんね…)の
桜並木で立ち止まると
もう枝先のつぼみが膨らんでピンクに色づいているではありませんか。

そう言えば今朝のニュースでは名古屋での開花宣言が告げられていましたね。

今日は暑いくらいの陽気。この暖かさで一気に花が開くでしょう。
これで京都も「開花宣言」ですね。

この時期に花冷えならゆっくり楽しめるそうで…。

このところ桜が散りゆくのがたまらなく切なくて。
そういう年になったのかな…。

というわけで近々、ブログを期間限定「お花見バージョン」に変更します。

とにかく花盛りにしていきますからね。

お楽しみに。
by my-colorM | 2006-03-27 14:39 | 日記
昨日催された色彩仲間の勉強会(飲み会)。

春ですね。
4月から生活が変わるお仲間もいらっしゃいます。

中でも念願のアパレル業界への就職がかなった我が会報誌の発行人。
なんと4月に東京転勤が内定とのこと。
某ギャル系ブランド(M…)の広報担当と言うことで
記者クラブなどメディア対応もでてくるらしい…とか。

ご本人はそのファッションをどうも受け入れがたいとお悩みのようでしたが
N女子すかさず「大好き!」…と溢れんばかりの羨望のまなざし。

価値観がクロスするこの状況。これだから世の中はおもしろい。

1年後(まっ、一応区切りと言うことで)どんな変化が見られるのか
会報誌を通して報告いただくことといたしましょう。
楽しみがまたまた増えましたね。

ご本人こそいろいろと大変でしょうが
どんどん壁を突き破っていただきたい…
そう願っております。


さて、勉強会は今後毎月開催という状況は危ぶまれますけど、
ブログでの交流は24時間年中無休でできますので、
これからもよろしくお願いしますね。

で、「ちゃーくる」についてですが…。

皆さんにも「dodeca」の由来をご説明致しました。
あれこれコロコロ転じて「どーでっか茶~くる?」になったいきさつも…。

このタイトルの方が私の人柄が出ていてよいとのお声をいただきました。
関西系の人を笑かしてなんぼというノリが私らしいそうです。

格調高いネーミングからはどうも遠のいてしまったのですが
そんなことより、とりあえず楽しく皆さんが集ってくださる交流の場を
提供できれば本望です。ハイ。

勉強会はもちろん他にもいろいろなお話に花が咲きましたよ!
そう、いろいろね。ウン。

前向きなお話としては色彩をテーマにして研修旅行を企画しましょう
というお楽しみ提案もありました。
日程調整などクリアしなければならない課題はありますが
是非とも実現させたいですね。

その前にこの勉強会についてですが、
あうらさんの講座が本日で修了ですので
次回をどうするかという話になりました。

そこで「京都」で開くことが検討されました。
一つコマを東に進めてみるということで…。
出て来にくい方もいらっしゃるかもしれませんが
今度は「京都」に集合ですよ。

交通の便を考慮して京都駅周辺としますが
十分古都の風情をお楽しみいただけるかと思います。

詳細はまた検討して…。
掲示板でお知り合いになりました。うさみさんのブログです。
いつも私のブログにもていねいにコメントをくださっていますので、
リンクでご覧になっていらっしゃる方も多いのでは?

のほほんうさみの明日は明日の風が吹く

とにかく内容が豊富。
色彩の話題だけでなく映画や本、コスメ、歌舞伎、旅…
ありとあらゆる記事に更新のご苦労がうかがえます。
日曜日。

日曜出勤の末、先日報告の通りのメガネをとりに行ったのですが、
ついでにジュンク堂まで足を伸ばしました。
もちろん立ち寄った先は色彩検定関連コーナー。
ビニール袋に入った2005年度版の問題をすかさず手にいたしました。
2次の第一問はどんな問題だったのかと興味を持っていたからです。
いつから店頭にならべられていたのでしょうか。
そう言えば夏期試験が2ヶ月後に迫っていますね。

(それと同じコーナーにあった日本の伝統模様と色彩に関する本を2冊、
手には取りましたがちょっとお高いのでまたの機会にすることにして
実際に買ったのはNHKの「迷宮美術館」と
「ピカソ」の年代順の作品を取り上げたものでした。
これについてはまた別の機会にじっくり紹介させていただきますね。)

で、2005年度の問題について私見を述べます。

例の2次の第一問は「?」ではなく、「!」でした。
いよいよ色彩検定が「実用的な側面」にシフトしてきたんだなという
印象を強くしたからです。

従来の199aカラーカードを貼るという形式ではできない問題ですよね。
マンセルの等色相面ですから。

以前の問題だと近似色ということで
199aからある意味、強引に?選ばせていたんですよね。
その点、問題用紙を切り貼りさせるなんて意表をつく発想だと思いました。
(これまでにもあったのかしら…?)

表からマンセル値や系統色名を答えさせるなんていう問題も
これからは必要になってくるんですね。
3級をきっちり自分のものにしておかないと解答不能です。

この問題がまったく意味不明だとすると基礎学習が「軽くヤバイ?」。
過去問に釘付けになっていた受験者が目新しい出題方法に意表をつかれて
頭が真っ白というのはあり得ることかもしれませんが…。

でも色カードは相対的に感覚で切り貼りできるし、
マンセル値の表記方法さえ分かっていれば十分解答できる。
マンセルシステムの系統色名もPCCSとは少し違うところはあるけど
なんとか書いて欲しいところだな…。
カテゴリーの枠まで書かれているのだし。 

1級なんだもの。
それなりにこれくらいの問題はなんとかクリアして欲しい。

…なんてこと書いたら受験者からは総スカンなのかなぁ。

他の問題もこれから見ていくつもりですが
2005年度の問題分析について、ご意見をいただけたら嬉しいです。
また、あーだ、こーだ交流しましょう。

受験された方からのコメントも待ってます。
わかりましたよ。「ちゃーくる」がいいんですね!

ええ、私だって異存はありませんとも。仰せのとおりにいたします。

くどいようですけど、「ちゃーくる」にしますよ。

今後は必ず「ちゃーくる」って発音しながらコメントしてくださいよ。
それがお約束ですよ。

皆さん、お約束…ですよ!
今日ようやくメガネをとりに行きました。
まだその度数に歩いていると違和感があります。

が、しか~し、
京都でも星がいくつも見えるのね!!
今日は終日時雨れて小雪交じりの曇天ですが、
メガネをかけて夜空を見上げると雲の切れ目から
星が見える…。

なによりも喜ばしからずや。

どれほどこれまで見えていなかったのでしょうか。
お月さんがいくつもにも見えていた乱視の私。

今晩はお月様がお隠れあそばしているので
また次の機会にまん丸お月さんを堪能したいと存じます。

いやあ、opticsはすごい!!

光学万歳!!
by my-colorM | 2006-03-19 22:24 | 日記
皆様、お待たせ致しました。
ようやく私のブログでのお茶処を命名しました。

その名は

「dodeca茶~cle(ドデカサークル)」

です。

※ちゃ~くるではありません…。

もちろんdodecaとはギリシャ語の「12」。
正12面体(ドデカヘドラン)のもつ完全で美しい立体を理想として
確固たる仲間として今後の発展を祈願してのネーミング案です。

まだまだ私達の仲間の名前は議論の余地があるでしょうけど、
とりあえずこのお茶処の名前だけは上記のように決めさせていただこうと思います。
随時関連記事をUPしていきますので今後ともよろしくお願いします。


…まずは氷結さんからの会報誌の感想です。

さすが氷結さん。大きな紙面で美しく…。
ただ大きいのもいいですけど印刷は大変じゃなかったですか?
A4版で複数枚使いだったら印刷コストはおさえられるのではと考えました。

さて前回の忘年会の写真。見ると私も含め、随分できあがっていましたね。
あれから3次会ですか。お元気ですね。カラオケぜひご一緒しましょう。

あうらさんのおかげで3月も勉強会を開いていただけるそうで。
次回も参加させていただきます。ホント楽しみです。

ゆめるっくさんとあうらさんの記事もとても頼もしく読ませていただきました。
次の会報誌はどなたの話題でしょう。待たれますね。

また思いついたら書きますね。今日のところはこれで。