カテゴリ:未分類( 6 )

[つきいちきょうはく]と読んでください。

今年1年、京都国立博物館に通い、博物館運営や展覧会などについてレポートする博物館モニターに(応募して)選ばれました。

そこで、表題の月一京博、「月に一度は京都国立博物館に通う」を今年の個人的目標にしようと決めております。

f0008085_18102792.jpg
懐かしいですね。ロダンの考える人。

f0008085_18105651.jpg
こちら明治古都館。ここで特別展覧会が開催されています。
f0008085_18113710.jpg

新学期のバタバタで、なかなか出にくかった4月。今開催されている特別展覧会は写真の通り「桃山時代の狩野派永徳の後継者たち」。今日出かけて、結果、展示前半会期の最終日にすべりこみセーフでラッキー!といった形です。狩野派といえは豪壮華麗。現存が少ないと言われている桃山時代の金碧大画にいくつも出会えました。今回は永徳の後を引き継いだ絵師たちに焦点を当てた展覧会。豊臣家、徳川家、そして朝廷と三つ巴の構図の中で、したたかに一門の生き残りを賭けた狩野派の戦略が紹介されています。

いろいろありましたが、私としては、初公開の山楽の「槇に白鷺図」と二条城の将軍と大名が謁見する二の丸御殿の大広間三の間の障壁画である若き探幽が描いた「松に孔雀図」がこれぞ狩野派を代表する絵だと感じました。

後半の展示替えが5月1日からなので、5月は美術部の遠足で連れて行く予定です。学校に眼鏡を置いているので、次回こそは視力を矯正して鑑賞します。>_<

f0008085_18183497.jpg

今日は本当にいいお天気。昨年新築オープンして大人気の平成知新館の前に咲くサツキがもうすぐ見頃を迎えます。お出かけにもいいですね。

あと、ミュージアムショップで見つけたのがこれら。
f0008085_19304446.jpg
これを見つけた時は驚きました。監修の「青い日記帳」ってかつてよく訪問させてもらっていたブログでしたから。即買い。
f0008085_19313905.jpg
f0008085_19320989.jpg
f0008085_19342696.jpg
f0008085_19360540.jpg

「花鳥の夢」は本の表紙絵で。友人の仕事です。こちらも即購入してしまいました。

展覧会はフリーパスですが、ショップでついつい買いすぎてしまいます。気をつけないと…。

by my-colorm | 2015-04-26 17:52
f0008085_14473334.jpg
今年春からはじめたのが、赤ペンだけでなく、ご褒美スタンプで生徒の頑張りに応えること。たまたま、ア◯ゾンで、インクカートリッジを購入しようとして、◯◯円以上購入したら、値引きで買えるという状況で、この際何買おうかと文具をあれこれ探していて見つけたのが、「ちびギャラリー木製ごほうびスタンプ」。

魚のアップの絵に「うお、すごい」とか、パンダが泣いてて「感動した」、象で「いいゾゥ」…。どのスタンプもウィットが効いていて、ユーモラス。もらって納得のコメントばかり。吹き出しタイプで自由にちょっとしたコメントも書けるものもセットされているなど、先生スタンプの中でも秀逸な部類に入ること間違いなしです。

グッズに後押しされる形ですが、生徒のノートやプリントへのレスポンス頻度を上げて、双方向のコミュニケーションをとって成果を上げられたらと思っています。

これまた、追加購入で只今5セット目。なかなか味のあるスタンプにコメントするのが楽しみになってます

by my-colorm | 2015-04-19 14:15
昨年秋に、息子が渋谷に越して蔦屋書店が徒歩圏内に。夏に「筆記具考」として紹介いたしました、エントリー向けで安価な万年筆の赤いペリカーノはそこで見つけたものです。以来、赤ペン先生よろしく、ペリカーノと赤インクを採点ペンとして使ってきました。インクボトルのコスパが気に入ったのと、ボールペンに無い滑らかな書き味に惚れ込んで、提出物のコメント書きになくてはならない存在になりました。赤のみならずブラック、ロイヤルブルーのボトルと専用のコンバータ(インクカートリッジに代わるシリンダー)をネットで追加し、インク色分の万年筆を揃え、私の筆記用具の定番になっています。

ペリカーノは中字ということですが、テストの丸つけにちょうどよい太さ。細かいコメントを書くのには向かないので、再び蔦屋書店に赴いた際に、ラミーのアルスターEF(極細字)タイプを見つけ、使い始めました。

ペン軸の色とインク色を揃えて、中字・極細字とついつい6本も買ってしまいましたが、出番があまりないのが、ブラック。使わないとペン先でインクが固まり、書けなくなってしまうのがとても残念なんですよね。

昨年から副担任をしているクラスの学級日誌とか自主勉強のノートに赤ペンでびっしりコメントを書くようになったのですが、筆記具の書き味が気に入っているから続いているのだと思います。また、昨年から授業で導入して、今年さらに充実させようと考えているクロッキーブックにも、どんどんコメントを書いて活用を促したいと目論んでいます。書き味滑らかで程よくフィットする万年筆は、これからも大事な相棒になること間違いなしです。


by my-colorm | 2015-04-19 11:58
時間を管理することが、ここのところの課題になっています。夏休みが終わり、授業再開と共に、学校の三大行事の内の、合唱コンクールとフェスティバル、その間に定期テスト、それから参観、研究授業と進んで来て、先日、三年生の懇談会前ということで進路検討会があり、本日より、三者面談が始まりました。

怒涛の日々を過ごして、ふと気づけば、秋も深まりを見せているではありませんか。

また、私事ですが、この間に息子が私の用意した住環境から、渋谷に新天地を求めて去って行きました。そのことと次第は筆舌に尽くしがたいものがありましたが、口を開くと収拾がつかなくなりそうで…。

というわけで、筆不精をしております。

そんな私めにも、誕生日が訪れました。
年齢だけは順調に重ねております。

そうそう、武蔵美の来年度用の教員免許更新講習の受講生の声に寄稿することになりました。
なんだか夢のような数日間でしたが、筆不精ながら、振り返ろうと思います。機会があれば、また、読んでみて下さいね。


by my-colorm | 2014-10-27 18:40
12月23日水周りを掃除しました。

特に気になりながら去年の大掃除以来ずっと放っておいた風呂の天井に遂に手をつけました。

前の日、入居当時以来20年使い続けている浴室換気乾燥機が不調となったのです。

スイッチが入らず、大量の洗濯物を冬空で曇天のベランダに干すという全くの想定外の事態に
それから半日かけてネットで取り替えるものや工事費用をあれこれ探しました。

楽●市場での買い物がこの頃の常で、結局色んなサイトを調べた末、高須産業のものを発注しました。

高須産業 BFー161RX 工事費込 24時間換気対応型浴室換気乾燥暖房機
グラファイトeヒーター採用 天井取付タイプ

ハロゲンランプを使うため温熱の立ち上がりが早く省エネ、風を身体に直接当てないから
入浴中に風で体感温度を下げることがないという代物。

運転中に電気ストーブみたいにオレンジのランプが点いているのが気になりはしないかとは思いましたが、9万円程度の出費ならと、いろいろ考えた挙句やっとの思いで発注を済ませました。

運転拒否をしていた浴室換気乾燥機はネットを検索している間になぜか運転を開始しました。
仕事から帰ってきたパパは自分でスイッチを入れて動作するのを確認して、
発注を早まったのではないかというようになじる素振りを見せます。

昨日の今日、業者からの返信はないし、
その間もお風呂は使うでしょうし、洗濯だって…。
古い乾燥機が動いてくれてありがたいでしょ?

でも、もう発注済みだし、いつまた運転拒否するかわからないんだからと自分とパパを納得させます。

さて、いつ工事に来てくれるか返事はありませんがいつ来ても困らないように準備だけはしておかねば。
そこで今回の風呂天井大作戦というわけです。

ここ2ヶ月、楽●での買い物で散財しているのですが、その中のGOODSを試して見ようと…。

昨年メラミンフォームだけでは全く歯が立たなかった、べとついた煤汚れが少し反応しました。
決して軽くスッとはいかないけど、汚れが動いて下の層が見えただけでも期待感が持てました。

大きめなメラミンフォームにその名も『水ピカ』を水で2から3倍に希釈した液を浸し、
普通にお風呂に入るいでたちで風呂椅子に乗っかって手を伸ばします。

垂れてくるしずくを避けながらグイグイこすっていきます。
汚れは少しずつ場所を移動し始め、天井の素地がちょっとずつ露わになっていきます。
その分メラミンフォームがどんどん黒く汚れてしまいます。

洗い場部分の天井の煤汚れ、つまり半分に成果が認められた頃、私はふと思いました。

これは闘いだ!

敵はしぶといこの汚れであり、かつ、もうこれぐらいでいいかと諦めかける自分の弱い心です。

「掃除とは闘いである」

そう考えると、なんだか負けたくないと思えてくるから面白いものですね。

私は昔からこれっと決めるととことんやらないと気が済まないたちでして
これっと決めないことが多いからズボラだと周囲に思われているに違いないのですが…。

シャワーをかけてできた水滴がボタボタ落ちてくるのを避け、しばらく半面側のお風呂に浸かりながら自分の闘いを思いました。

この闘いはあきらめずにやりきれば必ず勝利し、結果達成感と爽快感をもたらす

そして、またもう一つ別の考えが浮かびました。

「人は見栄に支配されているかもしれない」

風呂の天井をきれいにすることにどんな意味があるのか。
使うのは住人だけ、たまにしか帰らない息子を抜いて、今となればせいぜい夫婦二人だけだ。
気にしなければなんてことはないではないか。

だいたい去年の暮れにやりかけて、ほっぽり出してすでに1年が経ったではないか。
それが、何ともはしたない姿で必死になって格闘している私がいる。

この家は築20年にして、なぜこんなにキレイな風呂天井なんだろう!
工事のためにたまたま我が家を訪れる見知らぬ誰かが、多くの施主の中で我が家が隅々まで行き届いているかのように評価するのではないかと、明らかに見栄を張ろうとしているのではないか。

そんな考えがもたげてきて可笑しくなって一人で笑ってしまいました。

とりあえず天井掃除は苦戦の末に完遂しました。
手の届く範囲はすべて雑巾で水滴を拭い、後は古い乾燥機が動いてくれるので乾かせばしまいです。

風呂で長い間使っていなかったグッズを処分したあと、洗面所に戦地を移動しました。

使っていなかった垢すりタオルはハサミで切り分けて汚れ落としに使うことに
さすがに水あかに強く、洗剤いらずで、なぜ今頃になってそれに気づいたのかと思うほどです。

これも楽●市場で安く買っていた不織布のカウンタークロスも、鏡の拭き取りに都合がいい品物です。
洗い物を拭き取ってすぐに食器棚に戻す習慣はこのクロスあればこそ。
何回でも乾かせば使えるところがリーズナブルですが、鏡にも小さく切って使えるのがうれしいですね。

と、まあ、ここまで闘いに勝利し続けたつもりでいました。

ところがです。

あれほど風呂椅子の上で、転倒しないようにと注意を払っていたのに、ついにやってしまいました。
どこからかのたわいのない電話が終わり、洗面所に戻ろうとして勢いづき、濡れていた床に敷かれたマットで滑って転倒したのです。
弁慶の泣き所を風呂の段差の角にぶつけて擦りむき、患部は腫れ上がりました。
幸い他に怪我はなく、一人で孤独に散っていくところまでには至ってはいませんでしたが。

仕事から帰ったパパに、あれこれ片付けられて、特に、もう毛先が曲がって使えてそうにない歯ブラシなのに、無いとみると「勝手にするな」とキレられるわ、キレイになっているのになんら感謝の言葉はもらえないわ。

だから、怪我したのはあんたが買ったそのお風呂マットのせいだ!とぶちまけてしまいました。

確かに、これまでも思わず滑るということがあったではないか、本人もこればかりはと思ったのでしょう。

今朝、お風呂から上がると、その風呂マットが撤去されていました。


こうして年末恒例の大掃除は場所を勤務地へと移って行きます。
27日は職場の大掃除、25、26日に友人と旅行するのでいきなりの掃除です。
できれば身辺は済ませておきたいと休日出勤の予定でしたが、
なんだかすでに闘いに負けている自分がここにいます。

皆さんは怪我されませんよう、くれぐれもご注意ください。

では、よいお年を‼
by my-colorm | 2012-12-24 11:50
明日午前中から会議がありまして、私は一足早く、今日中には京都に戻らなくてはなりません。
新潟から夜行バスで息子と二人東京に一旦入り、半日息子のところでのんびりしてから
夕飯を済ませて京都に深夜戻る予定。

そこで、息子宅の洗濯、お掃除を適当に済ませたら、ひとつ展覧会を見ることにしました。
今回は、展覧会というよりも、「ダイアログ イン ザ ダーク」という催し物に参加します。

息子が行って、なかなか面白かったというので、この機会に出かけてみようと思いました。

見知らぬ8人がグループとなり、光のない真っ暗闇の日常生活空間を、参加者間でコミュニケーションを図りつつ、視覚障害者であるアテンドに導かれて行動していくという内容で、今回は約一時間のプログラムだそうです。

視覚のない世界で人々はどう適応していくのか?

前売り券は満席で買えなかったので、当日券を求めました。本日4時からの開催分で体験してきます。
帰ったら、報告するつもりです。

その前に、動線の悪い息子宅の改善にぼちぼちとっかかるかぁ。
by my-colorm | 2010-08-16 11:55