NCC

先日、AFTの講師研究会(認定更新発表会)に出掛けました。
懐かしい、色彩講師養成講座同期の方々の更新発表を見させていただきました。やはり、さすが認定一発合格の実力者ぞろいだなぁ…と感じ入ったものです。

中でも体験型の発表をされた、きよりんさんの「NCC」は、以前チラッとお聞きしていたのもありましたが、やはり大変興味深いアイテムでした。

「NCC」とは「ノエビア・カラー・コミュニケーション」の略です。きよりんさんがお勤めの化粧品会社で進めている、ロバート・ドアが創始と言われるパーソナルカラー理論を、企業活動として活用したカラーバリエ展開ツール、と紹介すれば少しおわかりいただけるでしょうか。

色の世界では、パーソナルカラーはもう常識かと思いますが、その人に合った顔映りのいい色をファッションやお化粧に取り入れる手法と考えたらいいでしょう。一般に知られているのはフォーシーズン(春・夏・秋・冬タイプ)に分ける方法。中には6タイプに分ける理論というのもあるそうですが、「NCC」はその点とてもシンプルで分かりやすいものです。ナチュラルを基本に、ブルー系のクールドミナントとイエロー系のウォームドミナントを設定し、3つのタイプ分けがされています。3タイプそれぞれに10枚、5段階のグラデーションカードで構成されているNCCシステムに従えば、洋服やメイクのカラー選びも失敗なし!ラクラクOK!というわけです。

きよりんさんはそのカードと、「クール、「ナチュラル」、「ウォーム」にあたるグラデーションスカーフを準備されていて、そのときに着ている洋服にマッチしたスカーフを間違いなく選ぶことができるというNCC活用体験をさせてくださいました。

相変わらずの、魅力的で親しみのある、落ち着いた話しぶりで、安心して聞かせていただきましたが、お話だけでなく、北畠先生監修のNCCの構成がとてもしっかりしていて説得力がありました。

今回は、その人そのものの肌映りはともかく、「身につけている色と合わせる」というのが分かりやすく、どの方もグラデーションカードでだいたいタイプが決められたようです。そして3タイプにグループ分けされたスカーフから好きなカラーを選定するだけで簡単に色あわせができ、どの方もお似合いの組み合わせを実現されていました。

私の場合、パーソナルカラータイプはクールアンダートーンでサマーなのですが、それを知ってから洋服選びは色を基準に割と迷わずに決めることができるようになりました。発表会当日も少しくすんだピンクのアンサンブルでしたが、ぴったりのグラデーションカードはクールドミナントからすぐに見つかりました。グラデーションスカーフはクールのグループから紺のスカーフを選びましたが、全く違和感はありませんでした。

また、スカーフは「ローズ巻き」(まずはスカーフを対角線にバイアスに折りたたんでいき、5~6cm幅のタイ状にして首に巻きます。そして、一つ結びで固めに締めたら、二本のタイを根元からクルクルと巻きとっていきます。先っちょは後から葉っぱとして残す部分。そこまで巻いたら、葉っぱの根元をきっちりつまんだまま、巻いた部分を環っかに、そう、カタツムリのような形でしょうか。そうして葉っぱの根元部分をポチッと輪っかに通し、キュッと締めると、あ~ら、ホント。薔薇一輪の完成です!!…って、なかなか文章では説明しにくいですね。)を教えていただきました。意外に簡単にネックにワンポイント、華やかさが付け加わります。

さて、実際のカラータイプについてですが、これはすっぴんの肌色を肌色スケールにあてて判定していくそうで、その肌色スケールも興味深いものでした。説明によるとNCCをもとに、メイクアップ商品にクール、ナチュラル、ウォームのカラーバリエを設け、判定されたタイプに合わせ、商品選択がスムーズにできるように展開しているとのことです。消費者としては失敗なく色選びができる点で優れたシステムだといえるでしょう。それをさらにファッションに展開できるとすれば利点は大きいところです。

早速、HPを訪ね、グラデーションカードとグラデーションスカーフをチェックしました。きよりんさんが持ってこられた3タイプが並んだカードのセットは非売品のようで、とりあえずクールドミナントのカードを購入することにしました。スカーフは3色セットでしたが、残念ながらタイプ別にはなっていませんでした。仕方ないのでとりあえず青系のセットを選びました。偏った購入を避けさせる企業戦略なのかしらん、まだカラータイプでセットするというコンセプトが全体として確立していないのかなぁなどと思ってしまいました。購入する側からすれば、タイプ別に3枚セットになっていた方が絶対お買い得ですもの。とりあえずタイプの違うスカーフは合う服がないでしょうから使わずじまいになることでしょう。これはもったいない。こればかりはどうにかならないものなのでしょうか。

そして本日、注文した品が到着しました。たまたま期間中でミニサンプルやミニブランケットもついてきました。こういうプレゼントがまた、「プチ喜び」だったりして。

それにしても、タイプ別のカラーバリエ、助かります。色目で選択できるパレット…、う~ん、購買欲をそそられます。
by my-colorM | 2008-10-19 01:34 | 色の話