一冊のノート、続いています

4月の下旬からスタートしたノート一元管理術は今も続いております。

ほぼ1ヶ月で200タイトルを楽々超える記事数となりました。今、2冊目の半ばほどでしょうか。
記述は学校に着いてから、帰宅まで随時。そして休日お出かけの日には喫茶店でコーヒーを飲みながらというのが定着して参りました。

そして、バッグには常時書きやすいボールペンとはさみ、付箋紙、メンディングテープ、貼ってはがせるタイプのスティック糊をセットにして持ち歩いています。

記事が貯まれば学校で自宅PC宛にタイトルを打ち込みメール、帰宅後「オズエディタ2」文書にコピペして追加、上書き保存をしています。

「情報は一冊のノートにまとめなさい」の筆者が薦めていた4週間のスケジュール表も自作し実践。2週分を書き写して更新しながらノートに貼り付けてスケジュール管理をしています。

年間行事予定を貼ってはがせるタイプのスティック糊で巻頭に仮接着していますので、次のノートに移行するのも楽ちん。大変重宝しています。

ノートを始めたお陰で、毎日のニュースもしっかり見るようになりました。職場でもプライベートでもいろんな情報に触れますが、アレコレ必死に覚えておく必要もなく、目の前の仕事にすぐに取りかかることができ、それらがスッキリはかどっていくように思えます。なによりも、積極的に映画やDVDを観る機会が増え、趣味の世界が拡がったような気がしています。

さらに読書量も増えましたし、出張なども仕事にかまけてパスということもなくなってきました。昨年の同じ時期よりもかなり仕事にも趣味にも充実感があります。

これは一概にノート効果であるとは言い切れませんが、しかし決して無関係とも思えません。

皆さんも是非、納得のいく情報管理術、スケジュール管理術をなさって、充実の毎日をお送り下さいね。
by my-colorM | 2008-06-03 23:45 | 日記