「最高の人生の見つけ方」

Movix京都で公開初日の今日、最初の時間をねらって観てきました。(^o^)v

今朝は休日なのに珍しく5時半に目覚め、そのまま起きてやはり珍しく(?)朝ご飯の支度もして、休日出勤のパパを送り出し、いそいそと出かけました。

だいぶ開演時間には早く、三条大橋のカフェバーでコーヒーをいただきながら時間をつぶし、それでも開演20分前には映画館に到着しました。土曜日はいつもそうなのか、チケット売り場は相当行列ができていました。

5分ほど並んで、発券してもらいエレベーターを待ちながらチケットを見ると、何故か10:00開始の「相棒」に。「最高の…」が「相棒」に口元が見えたんでしょうか。キャンセルできないようなことをいっていたけど大丈夫だろうかと心配しながら、「『最高の人生の見つけ方』を買ったつもりだったんですが…」と、今度ははっきりと長いタイトルを告げました。

無事、チケットを交換してもらい、早速シートに急ぎました。

大学生らしい2人連れの男の子達が開演までしゃべっているのが聞こえてきました。「モーガン・フリーマンが出るんだから、絶対外れはないって。」と。私も同感!わぁ、いよいよ期待が膨らむなぁ…、ってな感じで待っていました。

そして、映画が始まりました。

エベレストを登る一人の男が登場、フリーマンのあのナレーションが始まりました。(えっ?…ってことは、もう一人は死んじゃったの?)

いきなり重いなぁ、と思っていたところで回想シーンです。

…なんて、ずぅっとやってしまうとネタバレしちゃいますから、ここで止めときますね。

この映画はたぶん「上質」のコメディです。しかもいずれは死ぬ運命である私たち誰に対しても、老いも若きもひっくるめて、希望を失わずに生きていく勇気を与えてくれる、感動に満ちあふれた作品です。

それにしても、スカイダイビングとかカーチェイスとか、サファリツアーだとか…。特撮ですよね。まさか、あのお年で…?!それにあの方々は現地ロケとかに本当に行かれたんでしょうか。だとしたら、なんてゴージャスなんでしょう。居ながらにして世界中を旅することができて、別の意味でも楽しい映画でもありました。

というわけで、是非皆さんにご覧になっていただきたいお薦めの一本です。

DISCASから「ドライビングMISSデイジー」「ミス・ポター」が届いていました。またまた映画を堪能しようと思います。
by my-colorM | 2008-05-10 18:00 | 日記