非対応…

本日はあいにくの雨の中、入学式が行われました。昨年教えた6年生が制服に身を包んで明るい笑顔で入学してきました。

さて、故あって(?)行方不明となりました愛用のビデオカメラのかわりに、
今回、ソニーのHDDハンディーカムSR12をバタバタと購入いたしました。

行事は待ってくれませんので致し方ありません。

で、ネットであれこれと追加購入し、先日の土曜日にあちらこちらから一気に物品が到着しました。

もちろん、ビデオ編集が一つの目的でして、これからもできる限りやろうとは思ってのことなんですが、なんと、もくろみがゴッソリ外れてしまい、苦々しい思いが沸々とわき上がっております。

まずはそのもくろみというヤツから…。

SR12を選んだのは、今後、個人でminiDVテープを貯めていくより、安くなっているDVDにダビングして配布する方がスマートなんじゃないかとの考えのもと、別メデイアに移して保管しながらも、HDDに撮っていくものがいいんじゃないかと考えて…です。

最近は大容量のタイプも増えているようですし、そこそこ発売からも時間が経っていますから、かつての風評からも断然改善がされているだろうとの見込みもありまして、このあたりの決断は早かったのですが、何よりも次世代の形なのかなぁというのが漠とした購入動機でした。

こちとら、長年のユーザーではありますし、DVテープもそこそこあるとはいえ、おそらくほぼ過去の物、息子の成長記録としてはほとんど使っておりませんし、DVテープが個人的な財産であるともいいきれません。なのでDVテープに固執することもない、それが結論でした。

使っている編集ソフトは「videostudio9」。たしかDVDのファイルからもインポートできるはずです。ならば、SD(標準)モードでダビングしたものから動画を取り込めば編集も可能なのでは?というのが次なるもくろみでした。

ということは、簡単に標準モードでダビングできる「DVDライター」も買い。というわけで購入しましたとも。接続用にS端子つきのAVケープル(せめてもの高画質狙い…)も手に入れました。もちろん、旅先(宿泊を伴う行事)で簡単に充電ができるようにバッテリーキットも併せて購入です。三脚(これはまだ発送されていません)と液晶保護フィルムも必要なアクセサリーとして…。

土曜日に三脚以下を除いて、必要最小限の物品が到着し、早速試用してみました。

液晶タッチパネルが素晴らしくよい出来で、これは感動もの。しかも液晶の高精細はサイバーショットでおなじみですが、動画もなめらか高精細です。さすがハイビジョン画質ですね。

そのハイビジョンをAVケーブルで繋ぎ、あえてあえてのSDモード録画です。だってPCで編集するんですもの。

というわけで、DVDライターでワンタッチダビングをしたのでした。お試しですから、それをすぐにファイナライズしてPCで読み込めるようにします。それをDVDドライブに挿入し、件のvideostudioを立ち上げる。ファイルからインポートを選んでクリックします。…が、ビデオは画面に出ても、インポートボタンが全く有効にならない。つまり、videostudioでは扱えないファイル形式であるということなんですね。

これは、想定外ではありませんでしたが、「非対応」の三文字が脳裏に浮かんだものです。

なので、想定範囲でハイビジョンにも対応をしている(という触書の)videostudio12(これは先行予約期間です)を予約し、時間稼ぎにVS11の体験版をダウンロードしてみることにしました。

それで、何とかなるものとたかをくくっていたのでした。

ところが、インポートしようとしても、「9」での結果と同じだったのです。私は何のために大枚をはたいて諸々を購入したのだろう。空しい思いを胸に、本日の入学式を迎えたのでした。

それでも、道がいづれ拓けるかもしれない。そんな思いで今日の新入生さんたちを新ビデオに納めました。



「非対応」

拒絶の宣告は空しく、痛々しいものです。

日進月歩の世の中。購入者の意図に技術の方がついてきて欲しいです。



無茶言ってるのかな?私が。
by my-colorM | 2008-04-07 19:50 | 日記