遅ればせながら…

先日、書店の色のコーナーで手に取り、2004年(ハッ!私が色彩検定を受検した年だ!!)に刊行された「デジタル色彩マニュアル」を購入致しました。色彩検定対策テキストの2005年の改訂はこの本が基礎になっていたのかと思わせるところが多々あります。

「色彩の基礎」はもちろんのこと、一級を受験するときにPCCSのマンセル値への変換など、当時は公式テキストではおよそ間に合わない状況でしたが、なんとしっかり載っているではありませんか。今頃購入したりして…、遅きに失した感があります。

3800円(税別)が高いかどうかの判断はゆずりますが、当時これを買っていれば変換でイライラする場面はかなり減ったかもしれません。そう言えば、そのときにお世話になった師匠もHPで紹介していたような気がします。

半分はマンセルのカラーチャートですが、これから一級受験の方にも傍らに置いて頂きたい、日本色研編集の保存版の一冊です。
by my-colorM | 2007-10-24 23:42 | 色の話