若い人…

四十肩(五十肩?)に、眼精疲労、体重増加…、朝起きてもスッキリしない毎日が続きます。

休日出勤をした昨日。お昼に時間を合わせて仕事の打ち合わせをする予定のM先生が姿を現しません。携帯に電話がありましたが間一髪で出られず、追ってすぐにこちらからかけましたが、もう留守電になっていました。

学校に到着すると、一年上の学年の先生が文化祭の冊子を一人で印刷していました。訊くと昨晩は体育祭を終えての学年親睦会だったそうで、深夜2時過ぎまで飲んでいらしたとか。私よりも5・6歳若い人ですが、今朝9時から出てきて仕事を終えたところだと言います。

部活動で出勤の先生方はたくさんいますが、日々の残業、持ち帰り仕事にもかかわらず、休みの日に仕事をしなければ、回らないという状況があります。

さて、その先生から「M先生、昨日二次会に来てましたよ。」と聞かされました。いつも仕事がいっぱいいっぱいでほとんど回っていない若い彼が、何故他学年の親睦会に顔を出すかなぁ。そして約束の時間をすぎても今日は姿を現していない…。片や二日酔いを押して9時から仕事に来ているお母さん教員。

電話をかけ直しましたがまだ留守電。しばらくして向こうからかかってきたので、ちょっと咎め口調で詰め寄ると4時ごろ帰宅し、8時には他校で練習試合に参加していると…。3時から試合をすることになったので、夕刻にならないと学校には向かえないといいます。

彼がチーフとして抱えている学年展示の仕事、全体の展示の仕事は見るに見かねて(一つとして段取りを組むことができない)かなりの部分をサポート(実質段取りを組み、子どもたちへの指導もしている)してきましたが、いよいよ私の方の仕事もせっぱ詰まってきていますので、これ以降は彼に采配して貰わないと立ちゆかない…。というので彼の部活動が終了するまで待つことになりました。戻ってきてやるべきことがすぐに理解でき、見通しが立つようにあれこれと準備をしながら。

結局、彼が帰ったのは6時前。仕事の切迫を理解し、自分なりに対策を練り、やるべきことが整理できたのを確認して、解放されたのが6時40分でした。

そして、昨晩は2日早い息子の誕生パーティー。7時に京都駅に待ち合わせとしていましたが、息子も今日の学習用のプリント作成に時間がかかっていたようで、予定を少し過ぎていたようでした。ちょうど、学校を出るのが遅れた私よりも一つ後の電車で到着しました。

「聴く人が得をする話を心がけなさい」。初講義に向け、彼なりにあれこれと準備をしてきているようですが、独りよがりの講義にならないようにとの端的な助言としてその一言を贈りました。

若い人と話をすると、あれこれと危なっかしいと老婆心が頭をもたげてきます。
by my-colorM | 2007-09-30 15:57 | 日記