紅葉のメカニズム

前出の「Color & Colorist」に紅葉について書かれています。
自然に見られる色彩を次のように科学しています。



秋になると、葉で行われる光合成の能力が落ち、
生育に不利な状況になります。
このままでは、感想の厳しい冬に葉裏の気孔から
水分のみがどんどん奪われ、
木全体が死んでしまいます。
そこで葉と幹の間に離層という薄い膜を作り、
栄養分のやりとりをとめます。
日中、光合成によって生産された糖分は
葉の中に栄養分として残ります。
そして緑の色素(クロロフィル)は老化してアミノ酸に分解され、
緑色が消え始めます。
すると、もともと葉の中にあった黄色の色素(カロチノイド)
が現れてきます。

また、カエデのような赤色は、
(葉の中に残った糖分がクロロフィルの分解によってできた
アミノ酸を材料に合成された)アントシアニンの色です。
褐色も同じ仕組みでフロバフェンという色素ができます。
(日照時間や温度差、注立地条件などによる違いによって、
色合いも複雑に微妙に変わってきます。)



つまり、樹木全体は「枯れた」状態になるのだけれど、
紅葉する葉そのものは「枯れる」のではなく、
むしろ、栄養(エネルギー)が溜まりすぎて「腐る」のです。
栄養が行き届いていないのは葉っぱではなく、
枝や幹の方だったのです。

また落ち葉は、体内の老廃物などいらないものを
葉に詰めて切り離し、最後は土の上に堆積し、
根の水分保存や肥やしとなって木の存続に貢献するという
「重要な役割」もになっています。


注:綺麗な紅葉の条件

昼と夜の気温差が大きいことが上げられる。
日中は温暖で夜間に急激に冷え込むとクロロフィルの分解が促進される。
夜の気温が高いと昼に蓄えた糖分が呼吸などに使われてしまい、
綺麗な紅葉にはならない。
また、空気が澄んでいて、葉が充分に日光を受けることも重要。
日照時間が充分あると、たっぷりの糖分が蓄積され、
アントシアニンやフロバフェンの量が増え、きれいな赤色や褐色になる。
そしてまた、適度な水分がないと葉は枯れる。
台風や風の影響を受けることが少なくて、
きれいな形の葉っぱで秋を迎えることができると、
最高に美しい紅葉が見られる。


                                出典サイト:カエデともみじ





いかがでしたか。

上記の出典サイト「:カエデともみじ」も必見です。



その紅葉ももう最終盤。
街はもうクリスマスカラーに変わっていますが…。
by my-colorM | 2005-12-03 09:12 | 色の話