歌麿の紫から…

NHKスペシャル「歌麿 紫の謎」を見ました。

寄贈されるときの約束でボストン美術館に所蔵しながら展示されずに封印されていた歌麿の浮世絵。スポルディングコレクションといわれ、約6500点作品があるといいます。アメリカの大富豪スポルディングが明治に入って没落していった旧家の倉に眠っていた浮世絵を集め歩いたものだそうです。

そのうち400枚もの歌麿の浮世絵版画。そこに登場する「紫」は化学分析から、藍の成分であるインディゴと紅ではなく露草と紅によるものであることが昨年来の研究で判明しました。

露草は変褪色が激しく、なかなか現存する日本の歌麿の版画では確認できなかったといいます。

歌麿は助六の江戸紫を表したかったものと考えられます。暗い劇場で映えるようなやや明るい紫です。
歌麿が生きた時代は奢侈禁止令の吹き荒れる「寛政の改革」まっただ中。当時紫は奢侈を嫌った江戸幕府が禁止した色でしたが、庶民のあこがれの色としていつしか浸透していました。そうした庶民のあこがれを自分の作品で実現するべく禁令、禁制を破って歌麿は登場人物にその紫を作品に多用しました。紫を使うことで女性の色香漂う表現をして見せたといいます。女性美を作り出すために用いた紫。紫には独特の魅力があるようです。

しかし幕府はそんな歌麿を許すはずはありません。浮世絵を敵対視し、彼を危険な人物としてリストアップ、歌麿が描いた絵をもって時の将軍家斉を揶揄したかどで逮捕します。御法度といわれていた秀吉の絵を描いたことが逮捕の理由でした。入牢3日、手鎖を架けられ憔悴する歌麿。そして彼は50歳前半で生涯を閉じます。「紫屋」という呼び名で呼ばれた歌麿。その人生は露草のごとくはかないものだったようです。

源氏物語もテーマカラーは「紫」。艶やかではかない印象がだぶります。

紫といえば、「貝紫」が「帝王紫」として帝王の象徴としてあつかわれ、珍重されたために取り尽くされ15世紀には絶滅したとされています。その後極限られた地域で採取されていたものの政府から捕獲が禁止されほとんど採れなくなってしまったといいます。

いづれにせよ、はかない「紫」ということでしょうか…。
by my-colorM | 2007-03-04 22:04 | 色の話