今年の衝動買い第一号

なんと!年賀状を本日ようやく京都駅前の京都中央郵便局に出して参りました!!m(_ _)m
少しでも早く届けたい気持ちで電車に乗って出かけた次第です。

腱鞘炎にかかるかと思うほど久しぶりにペンを走らせました。
丁寧にとは思いましたが、極細「HI-TEC 0.25」が時々思いがけずにかすれ、
二度書き、三度書きと手こずりましたので、最後の一枚を書き終えたときは
はがきの束をどれほど達成感をもって眺めたことでしょう。

受験生と称して一向に書く様子のない息子にはサバサバしているものとあきれます。
とにかく今回はPCトラブルをさっ引いても、段取りの拙さは大きな反省材料です。

さて、京都駅は新春の初売りや参詣客でしょうか、大変な賑わいでした。
今日は2日。初春ムードがいっぱい。
駅前では獅子舞も舞われたくさんの見物客が一気に集まってきました。
それを横目で見ながら、私は駅を通り抜けて「アバンティ」へ。

本屋さんと文具の階へ直行です。
若者向けファッションのお店が各階にびっしりと並んでいますが、
通路は大音響で初売り、バーゲン初日を演出していました。
購買衝動がかき立てられるようなビートの利いた音のシャワーです。





購入したのは、本屋さんでは
「ナショナル ジオグラフィック傑作写真ベスト100ワイルドライフ2」
岩合光昭氏の監修ということですが、その中でも2003年7月号に掲載された「闘う」という眼光鋭い雄ライオンの写真にすぐさま惹かれました。

「カラー版徹底図解 電気のしくみ」
こちらは電気の基礎知識から、様々な最先端技術までが図解を駆使して平たい文章で説明されています。青色発光ダイオード、電磁波などもわかりやすく解説されています。

また色彩関連では
「写真・イラストでよくわかる色の用語事典」
3・2・1級を学んだ方なら「忘れん防止~」におさらいの一冊です。日本色彩学会監修の「色彩用語事典」はモノクロで、分厚く、かなり難解な用語解説ですが、前述のものはカラー図版満載で、これほどビジュアルで平易な解説は私の知る他の事典の中にはありません。しかも章立てがきっちりなされており、とても整理が行き届いています。学習者はもとより色彩講師さんにとっても必携の書といえるでしょう。

その他は「Casa Brutus1月号」、「別冊ニュートン完全図解周期表」、そして「のだめカンタービレ♯1~3」です。

実は昨年の暮れに「のだめオーケストラ LIVE!」 「のだめカンタービレ ベスト100 」をこれも衝動買い炸裂でネット購入したのですが、今朝到着し、聴いているうちに原作本に心惹かれてしまいました。大人買いで16巻一気にというのもアリかもしれないのですが、ここはグッとこらえ、とりあえず3巻手に入れてみました。(え?CDを買うことには何の躊躇もないのかと…?ハイ。それが衝動買いというものです。)

そして、文具コーナーでまさに電撃的に手に入れたもの…。
それがこれ、コクヨの「memoribo」です。
f0008085_2314468.gif
本日限定の安売りという文言に惹かれてついつい即決してしまいました。

PCで編集したり、ダウンロードしたコンテンツの単語帳を本体に送ります。問題と答えの画面で紙の単語カード100ページが20冊分入ります。早速サイトから無料のデータをダウンロードして本体に入れてみました。コンテンツがどれほどのものかはニーズもそれぞれですし評価は難しいのですが、自分がPCで作成したデータを持ち歩けるというのが「いいかも」というのが私なりの意見です。

センター試験前の息子に「世界史年代315」を取り込んで見せたところ、
「年代ばっかり覚えてどうすんねん、世界史はつながりで覚えてなんぼ。」
「こんなの意味無いって。」と酷評。
たしかにそりゃそうだよねぇ。でもいいの。これは私が自分のために買ったんだから…。
おまけに、「これを買うくらいならなぜiPODを買わないかなぁ。」と不満気でした。
(だって、安かったんだもん…。iPODの方がうんと高いじゃない…!)

そのあと気を取り直して「百人一首」を取り込んで持って行くと一巡遊んでいました。
センター試験まであと20日というのに、勉強の邪魔ばかりしている母でした。はは…。

そんなこんなで初売りの買い物はとっても楽しゅうございました。(*^_^*)
by my-colorM | 2007-01-02 23:03 | 日記