今年もありがとうございました

今年もいろいろとありました。

このブログも何となく始めて、日々のアレコレを綴ろうと思ってきましたが
ここで書いていいこと、差し支えのあること、
考えなければならないことが多々ありました。

責任のある立場だと考えてしまいますから、ものを書こうとするときは、
考えあぐねている内に機を逸することがしばしばです。

ましてや忙殺されて記事に手が出ないという状況も何度となくありました。

それでも、今年はたくさんの来訪者を得ることができ、大変うれしく思っております。

コメントを寄せてくださる皆さんや読んでるよと教えてくださる皆さんと
共に過ごして参りました。お世話になりました。本当に感謝しております。
ありがとうございます。

つたない文章や日々の戯れ言に、情報の質と量を考えたとき、
心苦しい部分がたくさんありますが、
少しずつ精進を重ねて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は、色彩講師養成講座認定講師再選考に失敗。
私のブログに立ち寄ってくださる皆さんからは不甲斐なく出遅れてしまいましたが、
その後何度もDodeca Circleと称して会合に誘って頂き勇気をいただきました。

4月にはブログを通してサプライズが起きました。
大学時代の同級生と23年ぶりのネット上での再会というできごとです。
おかげで美術教育について、さらに考えていきたいテーマを掴むことができました。

また折しもそのきっかけとなった図工・美術教育のブログ探索では
どれほど学ばせて頂いたか!
私自身が4月から小学校兼務となり、
迷ったり悩んだりという日々が予想されたのですが、
そこで学んだ諸々のことが今の私を支えています。
おかげで楽しく授業をさせて頂いてます。感謝の気持ちで一杯です。
私のブログにも授業の話題を入れるきっかけを与えて頂きました。

さて夏休みには研修や自主研修と称していろんな所に出かけました。
ブログでも特集を(勝手に)組んで詳報をUPさせて頂いた次第です。
情報発信などというおこがましい考えは豆粒ほどしかありませんが、
楽しかったできごとや考えさせられたことを写真や記事で残しておくことの意義が
振り返ってみると重く感じられます。
一歩踏み出す勇気を得たことで、いつになく充実した夏休みでした。

秋になるとmixiで気軽な気持ちで立ち上げたカラー検定のコミュに
毎日のように参加者が集い、いよいよ検定試験に向けて動き出しました。
私も今年は難関とされるカラコ1級第3分野の受験もありましたから、
他人事ではありませんでした。
わかりやすく質問に答えることができたかはわかりませんが、
できるだけ「カラー検定…ズバリ答えます!!」の看板に
偽り無きよう努めたつもりです。

そして冬。
いつもの多忙にカラコの試験と毎日が充実なのか
てんやわんやなのかわからないぐらいの大騒ぎ。
息子もいよいよ受験間近ということもあって、
日々スリリングでエキサイティングな生活を送っております。

そんなこんなで、落ち着くことなくバタバタとした大晦日を迎えてしまいましたが、
とにかく健康で前向きに一年を過ごすことができたことに感謝いたします。

来年は東に向かって動き出すかもしれません。
それもこれも皆、息子にかかっているのですが…。


また新たな充実した一年が迎えられますことを願っております。

皆さんのご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。

それでは、よいお年を!!!
by my-colorM | 2006-12-31 14:43 | 日記