色を使うな…!

環境色彩の勉強が緒に就いたところです。

副読本として吉田愼悟著「景観法を活用するための環境色彩計画」を購入して読んでいます。
2005年6月景観法が施行され、経済発展とともに無秩序に使用され、景観を損ねてきた日本の環境色彩にいよいよ大なたがふるわれるものと錯覚してきましたが、
トップダウン式に官からの要請で法的拘束力が働くというわけではなく、地域住民のねばり強い「まちづくり」によってはじめて少しずつ実現していくのだということに気づかされました。





カラーデザインを学び、色彩によりあるイメージを与え、それが私たちの日々の生活を豊かで楽しいものにする。色彩を学ぶものにとって誰しもが考えることかと思います。

「老人施設を建設するとしたら、どんな配色にしよう」「川縁につける安全防護柵はどんな色にしよう」「新しく建設する橋梁はどんな色にしよう」…

環境に建設される様々な建築物。商業施設しかり、マンションしかりです。

売れることを目指したり、カラーデザインを追求したりすると、特に新奇性や従前との差異を強調する向きがはびこり、どんどん周辺との関係性が絶たれてしまいます。
机上でカラーデザインを学び、本来「商品」に与えるべきカラーイメージをそのまんま建築物に使用してしまう例が実は後を絶たないそうです。そのため、厄介な代物ができあがってしまいます。

景観法では個人の個性は除外されますが、地域の個性は一定認められています。
個々の個性ではなく、地域全体でカラーを統一する戦略から街の個性化を図ることが求められていると言い換えてもいいでしょう。
となれば行政がリーダーシップをとって意識してまちづくりを推進している地域は必要な規制もかかり、ひいては魅力ある景観形成につながっていくでしょう。そうすれば住民の満足度も上がり街もさらに発展していくというものです。

さて、吉田氏の論点は明確です。氏の原点はジャン・フィリップ・ランクロ氏との出会いであり、彼のアトリエで研究するに至ったフランスの伝統的な街並みとの出会いだといっています。

多くの伝統的な街並みを残す地域は、その土地由来の素材が建材として使用されています。基本的にその土地で産出される石材、木材が用いられることにより、自ずと色彩も統一されるわけです。

かつて、日本のほとんどの街や村も例外ではありませんでした。特に木材を多用する日本の建築では、狭いYR~Yの色相範囲で大抵はおさまっていました。現在、重要伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に指定されている地域のほとんどがこのような色彩ですし、最も彩度の高い色彩は咲き誇る花々、中彩度は木の葉。そして建物はその中で地の色として役割を担っています。こうして四季の変化を感じとることができる美しい街並みが保存されています。

ところが、新建材が使用されるようになり、「売れる」「他とは違う」ことを競うことで顧客を獲得する商業主義の中で今の色彩も素材もバラバラで統一感がなく、ともすると地域特性も全くみることができない街をつくりつづけてしまったのです。

一旦破壊されてしまった環境に手を入れるためには、どうしても先の強いリーダーシップとまちづくりの計画が不可欠です。いよいよ色彩の専門家を育てることも重要になってきています。

私自身も色彩を学んできて、そろそろ理論だけでなく実践へとつなげていきたいと思うようになってきました。

学ぶといろいろと色彩を使いたくなるわけですが、環境色彩を学んで到達した考え方は意外です。

「色を使うな!」
ですから。(そういえば、かつて私の師匠も言っていたような…)

吉田氏は今後の景観色彩への提言として次のように推奨しています。

「外壁色に迷ったら10YRの彩度3以下」「道路は地域の土の色を基本とする」「道路の付属物も10YRで揃える」「迷ったら低彩度色」…これらをスタンダードにしたら間違いなくマシになる。

私はどの考え方もいちいち同感してしまいます。


そして、もう一つ。

環境色彩は「ケ」の色彩であれということです。

「ハレ」と「ケ」。日常が「ケ」で、祭りや行事を「ハレ」といいますが、「ハレ」の色彩が生き生きしてくるためには「ケ」の表情が欠かせないというわけです。

高彩度色の濫用によって競い合う街中の広告や看板で日常が騒々しく彩られています。極彩色の電光掲示板にしかも動画でこれでもかと目に入ってくる情報。疲れ果てて家路についているというのにことさら苛立ったりするのは私だけなのでしょうか。いつもいつもお祭り騒ぎのような街の色彩にうんざりしてしまいます。


…そんなこんなを今、勉強しています。ちょっとまとまりなく書いてしまいましたが。


さて、来週は学校のテストです。そろそろつくるか。
by my-colorM | 2006-10-14 21:24 | 色の話