名古屋の会(勉強会)の報告…Part2大須商店街

名古屋住民のジュエルさんともと名古屋住民ボルドーさんに連れられて、
向かったのは名古屋の昔ながらの繁華街「大須」でした。

で、商店街に向かう途中で名古屋ならではのお昼をいただくことになりました。
どうやら激辛タイ料理のお店がお二人の一押し候補だったらしいのですが、
元祖「天むす」のお店がすぐそこにあると聞き、即決断しました。

「天むす 千寿」大須本店  狭い店内は10名ちょっとの座席しかありません
f0008085_16111832.jpg

テイクアウトで買いに来るお客さんが多く、私たちの横のカウンターでどんどん握りたてを包んでいかれます。また、積み上げられた包みが見る間にど~んとはけていくさまはなんとも気持ちのいいものです。

出てきた「天むす」これで1人前(672円)扱っているのはこれだけ!
f0008085_16115425.jpg
温かいんですね、これが。当然のことですが冷めたものしか知りませんでしたので、これは本店ならでは。できたてのちょっぴり贅沢な味わいです。米と海老そして海苔といった素材一つ一つがいいのでしょうね。ご飯はふっくら海老も油っこくなくて、なにより塩加減が絶妙です。5つはちょっと多いかなと思ったら、何のことはない、ぺロリと平らげてしまいました。大変満足のお昼ごはん。持ち帰りで8時間OKということでしたので、一つ包んでもらいました。

赤門をくぐって歩くと、昔からあったのだろうと思える商店街が続いています。
出かけた5日・6日がちょうど夏まつりとあって大変にぎやか。浴衣姿のお嬢さんが通り過ぎていきますし、太鼓の音も響きわたっていました。
あれ?っと目についたこのポスター
f0008085_16123158.jpg
オレンジで囲んだところに注目。世界コスプレサミットですって。詳細は画像をクリックしてみてください。日本のアニメが世界に誇る一つの文化になっている証だそうで…。次の日TVのワイドショーでこのサミットを取り上げていました。新庄のダースベーダーのコスチュームを作った人はこのサミットの常連さんだとか言ってました。普段はOLさんですが気分転換に自分で作ってコスプレを楽しむんだとか。アニメのキャラクターの衣装をまんま等身大に作ってしまうんですから、ある意味すごい技術ですよね。
そういえば商店街を歩いていたら何やら鮮やかなコスチュームのグループが目に止まりました。残念ながらシャッターチャンスは逃しましたが…。

大須といえば織田信長の父信秀の菩提寺、万松寺があります。商店街のアーケードと一体化していて、しかもちょうど夏まつりのイベント中ということで、突然目の前に真っ赤な天幕と提灯が現れ、派手なお祭りムードの演出かと思われましたが、こちらはれっきとしたお寺でございます。

普段の様子はこちら(「なごや史跡散策フォトギャラリー」より)
f0008085_17134784.jpg

ここで写真を撮りましたところちょっと不思議な体験をすることになりました。
こちらはわたしのDSC-H5で撮影した写真です
f0008085_16125761.jpg
実際に見たところの天幕は一様に赤くちょうど一つ前の写真のごとく見えるのですが、日中の炎天下、カメラを向けるとモニターにも撮影した映像にも、はたまた携帯カメラでも斯様に(矢印部分に注目)黄色く写るんです。

正面にガラスがありまして、それに映る赤い天幕はごらんのように一様に赤いんです
f0008085_16131830.jpg
この現象をどう説明したらいいのか考えちゃいました。強い刺激にカメラは反応するものの人の目は調整しているのでしょうか。まだ結論が出せていません。相変わらず考え中…です。だれかわかる方は是非コメントください。

商店街にはレトロムードの古着屋さんもありました。ドデカサークルのメンバー氷結さんともものんさんの2人も加わり、懐かしいムードのただようその古着屋さんを覗いてみました。

ついでにこんなコスプレ発見?
f0008085_16151313.jpg

こちらは世界コスプレサミットとはまるで関係なく、近く開店するメイドカフェの宣伝活動だったようです。ものめずらしい光景?に思わず携帯写真に納めようとする男性が多々。私もなんとなく撮っちゃいましたが…。なんとも名古屋は昔と今とが渾然一体というわけですね。

次回は徳川美術館をレポートします。