完成しました!!

ようやく7日に保護者に見せる20分版の修学旅行ビデオが完成しました。





私はもともと楽しいお宝映像を求めるので、シーンを割とロングに撮影してしまう傾向があり、
今回もなかなか味のある映像がたくさんありましたが、何せ20分という時間にもともと300分のテープを
編集するわけですから、かなりの部分泣く泣くカットしていきました。

20分に入りきれなかった楽しいシーンは生徒に見せるための40分版には残して、行程をタイトに入れ込んだ
それでいて生徒の笑顔が満載のビデオづくりを心掛けました。

ラストはDSC-H5で撮影した写真の中から選んでスライドショーを入れてみました。
ちょっぴりセンチで静かなBGMはアクティブなビデオ映像における音との対比を意識しています。

もちろん満面の笑みがこぼれる生徒の表情が主人公です。

いつもの悪いクセで「ビデオスタジオ」のマニュアルを一切見ないまま進めてきて、何もかも手探りでしたが、
今朝DVD-Rに20分版を書き出し、今日主任に一度見てもらい、不都合があれば手直しをするという段取り。
まだ編集の余地があるので、このラストのスライドショーのパン(ズーム)の方向などが何とかならないかさぐって
いたのです。

触ってみるものですね。目的の操作画面が…ありました!

写真などのイメージの効果ではパンをする設定があるのですが、パンの種類が案外豊富にあります。
大抵はズームアップしていく効果でパンしていくというのが変化とまとまりがあって好ましい。
アップしていく表情が求める通りピタッと合う方法が再編集していく間にたまたま見つかって、もう感動しました。

それはパンのカスタマイズという操作画面で、パンの始まりと終わりのサイズと位置を指定することができるのです。

このカスタマイズで、格段に生徒の表情が際だつようになりました。「笑顔が花咲く」という表現が似合います。

同じことでも意図をもって伝わるように表現することは、写真でもビデオでもまたその編集でも大切です。

撮りたいように撮れるカメラと見せたいように編集できるソフト…。プロでなくてもこうしていろんな人に満足して貰えるだろう作品をつくることができる「技術」が今はあるということです!素晴らしい!!

ほんの10年前にはビデオ編集は時間もかかるしタイミングが合わないとうまくいかないというストレスがありました。
でも今は自分の手持ちのPCでほとんどストレスなくできるようになりました。

そんなこんなをしみじみ感じながらようやく編集を終えることができました。
見に来られる保護者や生徒の笑顔が今から待ち遠しいです。ハイ。

そして、積もり積もったもろもろの仕事に鋭意専心してまいります。(といいつつブログ更新…)
by my-colorM | 2006-07-05 21:08 | 日記