日本の伝統模様…やっぱりいいですね(^-^)

中3の美術で今取り組んでいるのは
日本の伝統模様の手法を取り入れたシルクスクリーンによるTシャツづくりです。

シルクスクリーンそのものが、京都の伝統工芸のひとつである型友禅の技法(型染め)から転用されました。
型染めは柿渋を使って切り抜きますが、その型紙を絹の紗にはって使用したところからその名がつきました。

版画の中でも新しい技法ですが、私が今の中学校に赴任してきた年からずっとシルクスクリーンのTシャツに
取り組んできました。



いろいろな版の作り方があり、私が扱ってきた方法は2つです。

ひとつはスクリーンマーカーで描き、それをはじく乳剤でスクリーンを覆う方法です。
これは製版が簡単ですが、多色刷りともなると相当工夫が必要になってきます。
余りにも単純な作品が多くて、すぐに別の技法を求めました。

二つめの技法はカッティングシート数枚を組み合わせ、刷り重ねが可能な技法です。
透明なカッティングシートをほしい色ごとに別版で切り抜いていきますが、かなりの時間を必要とします。

数年、この三版カッティング法を取り組んできましたが、
今年は再び、乳剤を使う技法に戻してみました。

7年前の生徒はそれこそ自由に何でもありでなければ制作しないのではないかと思わせる実態でした。
しかし、最近の生徒たちはこちらのねらいがかなりの部分で通じるようになってくれています。
製版方法のわりにはかなりタフな制作が期待できると考えています。

今回の技法では版のつくりかたこそ単純(といっても多色にしたければ、スクリーンを分割することもできます)
ながら、シルクスクリーンの何度も刷れるという特性を生かして、連続する模様を刷ってつくる染色のように考え
日本の伝統模様をヒントに制作することにしたのです。

生徒には日本の伝統模様を鑑賞するところからはじめ、その魅力、応用性、発展性を学習して
自ら新しいオリジナル模様を考案させるところをじっくり取り組んで来ました。

今、スクリーン枠に専用マーカーで描かせ、乳剤を塗り、マーカーを専用油で洗い落とすというい段階に
入ってきました。いよいよ今度の時間から刷りに入るかといったところです。

今回のテーマは「日本の伝統模様の手法を借りて」ということですが、
多様な模様を自分なりに解釈し、多くが自分の生活に引き寄せてそれぞれに工夫を見せてくれています。
ところで、「日本の伝統模様」の理解は、さらに「造形美の秩序」や「ジャポニスム」などに象徴される
日本と西洋の文化交流にまで学習を広げることができました。

19世紀の末にヨーロッパで流行した日本の文化は、浮世絵であったり、伝統模様だったりしたわけですが、
生徒たちにも日本の独特の美意識を学ばせる機会になったと考えます。

あさっては中間テストですが、まずはその結果はどんなものでしょうか?

きっといろんな模様の名前を覚えたり(といっても、派生してできた模様が多いので、その名と模様は一致します)

ジャポニスムの項目を調べ直していてくれることでしょう…。(過期待?)


               花菱
f0008085_21325064.jpg

              トモエ市松                       
f0008085_21331755.jpg
 
   扇散らし                     
f0008085_21341954.jpg