VAIOちゃん、メモリ増設…これもビデオ編集のため!

 某小学校の石垣の下に額アジサイが雨にぬれていました。(DSC-H5 シャッタースピード250、F7.1)
f0008085_21534290.jpg
昔、デスクトップのメモリ増設をして以来。
ノートパソコンのメモリってどこに挿すんだろう??と多少興味は持っていました。

昨日。ビデオ編集にはあまりにも力不足のVAIOちゃん。256MB…、すでに限界を超えています。





出張先に15分ばかり早く着いたので某パソコンショップ(何年出かけてないなぁ)で512MBのメモリを購入。
PCにデジカメ、そしてビデオ編集用にハンディカム2台とそのバッテリー、テープとあまりにかばんが重いので、
財布以外は出張先の会場に置いて出たので、PCの型番を確かめることが出来なかったのですが、
長年付き合ってきている愛機です。そのスペックとうろ覚えの記号とで何とか特定。

適合するだろうメモリで手頃なお値段(ネットで買えばもっと安いのはわかっているのですが…なんせ急ぐ…)
のものを選びました。

「取り付けがややこしいのもあるんで、2000円ポンと支払っていただければ、
安心して増設できますよ」と店員さん。(ポンと、って…)

そういわれたので一応閉店時間を聞いて、出張先に急ぎ戻りました。

美術研究会の役員会だったのですが、思いのほか案件が多くて…。8時を回ってしまいました。

時計を気にしつつも、閉店時間を過ぎた時点で覚悟は決めましたけど…。

そして今朝。
PCからバッテリーも何もかもすべて外して、お手手を金属に触れさせて、いざ。
こういうときにマニュアルを見ないことの多い私。

精密ドライバーを用意して、本体裏面のネジをすべて取り外す…。そうすればとりあえず開くだろう。

ところが一箇所だけネジが固く、どうやっても回らない。
なので、…というのも変なのだが、表を向けて外せるところを探ってみる。

と、キーボードがなにやらふかふかしている。触ってみるとパネル状になっていて、どうやらあきそうだ。
思惑通りにカパっと外れて、基盤が露出する。う、美しい。整然としたラインがつくる造形美…。
って、いつもついつい見とれてしまうんですよね。

…で、メモリとやらはどこぞに?

そうそう、メモリってどんな形してたんだっけ?と購入してきたまま箱に入っている「512MB」の梱包を外す。
あっ、これか。それならば…、同じ形を探せばよい。

露出した基盤をもう一度眺め、すぐに見当がついた。こりゃ左右対称に挿すんだろうな…。

それでもマニュアルを見ない私。
その後、2回認識できない状況を経てようやくメモリの入っていた箱の説明書きに気づく。
なあんだ、斜めに挿すのね。そしてしっかり押し込んでから水平に倒すのね…。カチっ!乾いた音がする。

こうして3回目にしてようやく増設メモリを認識。晴れてメモリのup完了。
よくよく見れば、ネジを示す矢印に「・」がついている。おそらく関係していたのはこの「・」のついた矢印だけ
なんでしょうね。やってみて初めてわかること。しかし、これでもうノウハウは理解できた。
2000円支払わずに済んだじゃない。簡単な作業だったわよ。

しかし、ケチらずに512MB2枚買えばもっと早い動きをしてくれるのでしょうが、それはまあ贅沢というもの…。

おまけにwindows ムービーメーカーで編集するのはやめて、今回○ーリード社の「ビデオスタジオ9」を購入。
大枚をはたいて、さらに新たなチャレンジをしてみようと考えています。

ウフっ。楽しみ…。(趣味の域やねぇ)

今朝から夕方にかけて、80分にしたDVテープをスキャンして取り込み、削りながらタイムラインに
並べています。

残したいシーンがいっぱいあって、それでも60分ほどに縮められただけ…。

私の乗ってた号車のクラス用45分特別版をもとに、生徒用30分、保護者用20分を今後の目標にとにかくカットしていこうと思います。

おっと、水曜日には中間テストだ。一回中断ですか??なんだか動作が速くなったPCでサクサク仕事してもらいましょか。(いやぁ、ほんとに動作が速くなりましたよ、実際)
by my-colorM | 2006-06-24 20:50 | 日記