あけましておめでとうございます

静かでおだやかな元日を迎えました。


皆さん、あけましておめでとうございます。


届いた年賀状には旧知の方々の近況がつづられています。

先輩教員の初孫の誕生!
大病を患って弱り気味?は気になるところ。
恩師の地元の史誌編纂への意気込み…。
教え子の結婚報告から2世の誕生や任された仕事の報告…。
愛犬の愛くるしい表情も結構多い。どれを見てもお幸せそうです。

「今年もよろしく」といいながらも年賀状で近況報告という方も多々あり。
お互いに年に1度はこうして無事と健康そして活躍ぶりを確認し合うのです。
メールやブログがどんなに発達しても、この慣習はこれからも続くでしょう。
人々の関係性を繋ぐ合理的な社会の習わしとして。


今年は新たに色彩仲間の年賀状が加わりました。

ご家族のお顔を拝見し、
このお子達を育てながら仕事に勉強に…!
本当に頭が下がります。
それにしても可愛い盛りですね!

若い人たちもけっして楽ではないでしょうが
瑞々しい吸収力でどんどん色彩の世界にご自分の得意分野を
拓いていって頂きたいと思います。


行動を起こし、新たな世界に道を進めたとき
新しい人との出会いとつながりができる…。
こんなに嬉しいことはありません。 



さて私の今年の抱負。

とにかく仕事と勉強の両立はそれだけでも
立派なチャレンジだといえます。
しかし、「教える」というくくりで
今年もまだまだ成長を遂げなければなりません。
前向きに、ひたむきに、己の可能性を追求していこうと思います。

家事全般はパパが仕事との両立を図り?
どうにか私の深夜帰宅と休日ダウンを補ってくれています。
申し訳ないと思う反面、彼はどんどん達人と化して
私につけいる隙を与えなくなってきています。
日常の家事の多くをあっという間にこなしてしまう我が家のヒーロー。
本当は私の方が…という自信は崩壊気味の私です。
でも期待はまだあるはずなのでせめて私の面目は保ちたいと思います。

息子は今年高3になります。
「受験地は京都か東京か」という親にとっても重大な選択を
まだ決めあぐねているようですが、
どちらにせよ私を悩ませた、ハラハラドキドキの中学受験のときほど
近い距離感(むしろ一体感にちかい?)を感じることはありません。
彼が大人に近づいたということでしょうか。
はたまたまだ差し迫っていないからでしょうか。
進路を誤らないように言うべき所はズバッという。
子育ての集大成。親としての責任を全うする年としたいと思います。

とにもかくにもこの一年が私達家族にとって実り多い年でありたいものです。



今年はおだやかな始まりでした。

このブログを訪問してくださる皆様のご健康とご多幸、ご活躍を
心よりお祈り申し上げます。


本年もよろしくお願いします。
by my-colorM | 2006-01-01 15:15 | 日記