えっ?原点は学生時代…?

息子が暮れも押し迫る一昨日から
模様替えをするとやらで自分の部屋にあるものをひっくり返し
大掃除を始めました。

息子の書庫の約3分の1は私の捨てられない蔵書が占めています。
やれ捨てろとか取っておくのかとかやんやの大騒ぎ…。

そこには大学時代の教科書や参考図書も入っています。

いわゆる開かずの扉になっているスライド式本棚の内側で
もう数年来、日の目を見ずにいる書籍の数々…。

年賀状もそこそこに、呼び出しを食らっては
始末をどうつけるかを突きつけられ…。


ふと「色彩」に関連した書物が目にとまりました。


・1978年第6刷「色の科学-その精神物理学」
 金子隆芳著みすず科学ライブラリー

・昭和54年第一版第二刷「色彩学-その理論と応用」
 山崎勝弘著創元社


まったく私の中で記憶にないこの2冊こそ、
私の色彩学への思い入れの原点だったようです。

かのCIE表色系もムーン&スペンサーも…
ここ1,2年で必死で勉強してきたことがらの
多くがすでにこれらの書物の中で語られているのです。

初版はもうかれこれ30年以上も経っている代物ですが…。

山崎先生は(これまたあまり記憶にないのですが)
大学の「色彩学」の講師でいらして
教科書として購入したのでしょう、先生の印が押されています。
しかも自分では覚えていないのですが、図に書き込みがしてあったり…。

金子氏の著作は文庫本の「色彩の科学」には今でもお世話になっています。
今回出てきた「色の科学」はドルトニズムならぬ
氏の第2色盲に関わる少年期からのエピソードが語られるなど
本当に貴重な著作でした。

いわゆる色盲でありながら色の研究者であるという事実と、
職業と色覚とに存在する無理解と差別の問題、
色覚検査(色神検査と呼ばれていた)に関する氏の複雑な思いなどは
一読に値する内容です。


今や2冊とも絶版になっており、古書でしか手に入らないものですが、
なんとまあ、自分自身あきれるほど貴重な書籍ではあります。

ほかにも配色ノートのたぐいや絵画における色彩を論じた書籍など
学生時代にほんのちょっぴり色彩学をかじったであろう痕跡が
封印を解かれた書庫から出てきました。なんとも不思議な巡り合わせ…。


それにしてもせめて年末には家中をひっくり返して見るべきなのでしょうね。

空きスペースができたとご満悦な息子…に感謝!です。

貴重な数冊の書籍類…、眠らせておくことなく手の届くところに置いて
改めて勉強し直します。



あ~時間がもっともっとほしい!!
by my-colorM | 2005-12-31 00:54 | 日記