月一京博1回目

[つきいちきょうはく]と読んでください。

今年1年、京都国立博物館に通い、博物館運営や展覧会などについてレポートする博物館モニターに(応募して)選ばれました。

そこで、表題の月一京博、「月に一度は京都国立博物館に通う」を今年の個人的目標にしようと決めております。

f0008085_18102792.jpg
懐かしいですね。ロダンの考える人。

f0008085_18105651.jpg
こちら明治古都館。ここで特別展覧会が開催されています。
f0008085_18113710.jpg

新学期のバタバタで、なかなか出にくかった4月。今開催されている特別展覧会は写真の通り「桃山時代の狩野派永徳の後継者たち」。今日出かけて、結果、展示前半会期の最終日にすべりこみセーフでラッキー!といった形です。狩野派といえは豪壮華麗。現存が少ないと言われている桃山時代の金碧大画にいくつも出会えました。今回は永徳の後を引き継いだ絵師たちに焦点を当てた展覧会。豊臣家、徳川家、そして朝廷と三つ巴の構図の中で、したたかに一門の生き残りを賭けた狩野派の戦略が紹介されています。

いろいろありましたが、私としては、初公開の山楽の「槇に白鷺図」と二条城の将軍と大名が謁見する二の丸御殿の大広間三の間の障壁画である若き探幽が描いた「松に孔雀図」がこれぞ狩野派を代表する絵だと感じました。

後半の展示替えが5月1日からなので、5月は美術部の遠足で連れて行く予定です。学校に眼鏡を置いているので、次回こそは視力を矯正して鑑賞します。>_<

f0008085_18183497.jpg

今日は本当にいいお天気。昨年新築オープンして大人気の平成知新館の前に咲くサツキがもうすぐ見頃を迎えます。お出かけにもいいですね。

あと、ミュージアムショップで見つけたのがこれら。
f0008085_19304446.jpg
これを見つけた時は驚きました。監修の「青い日記帳」ってかつてよく訪問させてもらっていたブログでしたから。即買い。
f0008085_19313905.jpg
f0008085_19320989.jpg
f0008085_19342696.jpg
f0008085_19360540.jpg

「花鳥の夢」は本の表紙絵で。友人の仕事です。こちらも即購入してしまいました。

展覧会はフリーパスですが、ショップでついつい買いすぎてしまいます。気をつけないと…。

by my-colorm | 2015-04-26 17:52