新年の抱負…

私は文章中に三点リーダーっていうのをよく使う。「…」のことだけど、「等」のようにまだまだありますがと、単純に文末を省略するときとかもあるけど、時にはそのことにあきれていたり、そのことについて思考中であったり、落としどころの感情があいまいなため確信めいた物言いが似つかわしくないなどの理由で、語気を和らげたいときに使っている。そんな場合は気分に応じて「?」「!」で装飾することもある。

件の「新年の抱負…」だが、こう書くとどうも妙な感じがする。

見た感じ、「で、あるの?抱負は!」って突っ込みたくなるでしょ。それって私だけ?

人間(大きく出た!)、自分の中に大なり小なり弱点を抱えていて、それではあかんなと思って何とか克服しようと努力している、またはそのつもりでいるわけです。年頭に当たり、重い腰を上げ、いろんな言い訳を排除して自分の弱さに対峙する。それが「新年の抱負」なんですね。

私もご多分に漏れず自分自身に誓いを立てようとしているのですが、これがどうもうまくない。

産みの苦しみっていうものかしらん。

何がそうさせているかというと、今私の目の前にあるタイトルが私にとってとても重いものだからなのかも知れません。私はこうします、こうしたいですがすっと言えない。

どうも粘っこい「執着」が私の中には存在する。けれどそれを振り切って軽くなりたい、清々しくありたい。

今、そのせめぎ合いが起こっているのだと思う。

2008年以来、今となってはブームとも言える「断捨離」。ここにその三文字を書くだけでも勇気がいる。

私の今年の新年の抱負…。
by my-colorM | 2012-01-03 08:20 | 日記